わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS セントラルフェスタ2006 セントラルオリジナルミュージカル「夢と愛と喜びを・・・」

<<   作成日時 : 2006/10/03 00:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

10月1日(日)は、新宿文化センター大ホールで、

セントラルグループ主催の、セントラルフェスタ2006 セントラルオリジナルミュージカル「夢と愛と喜びを・・・」

を見た。
午後6時開演。終演は、8時33分頃。休憩込みで、約2時間半。

公演プログラムは、1000円(表紙込みで、カラー16ページ)。ロビーでは、公演DVDの予約の受付けもしていた。

はっきりそうとは書かれていないが、多分、作・演出は、岩崎廉。ほとんどの作詞・作曲も、手がけている。

1階客席は、5列からで、その前はオーケストラピット。生演奏していた(のには、ちょっとびっくり)。私の席からは、ピットのなかは見えなかったが、コーラスも生だったのかしら?


フェスタの舞台稽古中に、ダンスパートのリーダーたち6人が、異界へスリップしてしまうというストーリー。いわゆる、「行って少し成長して帰って来る」というお話。このストーリーの進行に、発表会的なダンスシーンが繰り返し折り込まれ、要所で「上置き」の子たちが登場して、ストーリーに絡むという展開。

主役グループを含め、メインキャストとして紹介されているのは、10人(青山弘子、松ア万依、小林亜梨沙、舘野友里夏、舘野史津夏、小河真也、伊林勇樹、宮ア玲代、宝珠山真依、橋麗奈)。

ふたりの舘野さんをつかって、「黄色の10番の女の子」が、スリップした世界と現実世界とに存在して、ふたりに増えちゃう、というあたりは面白かったし、単純な仕掛けで楽しめるシーンもあったけれど・・・全体的に、冗長な印象。

主役グループの6人は、会話をセリフとして客席に聴かせるという部分が、もうひとつ中途半端。

オリジナルミュージカルとはいっても、実質的には発表会の要素が大きいのだろうから(プログラムによれば、0歳〜70歳まで、370人の出演者)、ダンスシーンを入れるために同じようなパターンの繰り返しがあるのは仕方がないと思うけれど、それを別にしても、無駄なセリフや、やりとりが多いと感じた。


まるっきりダンスの発表会みたいなメイクには違和感をおぼえたが、これは、フェスタの稽古中の出来事、という設定だからでしょうね。


出演者のうちで「上置き」の扱いになっている売れっ子たちには、それらしい存在感があって、末永遥さんや柊瑠美さんは、出番は少なくても他の出演者たちとはレベルがちがっていた。

須賀健太くんがうたったのはファンサービスになったし(ファンのひとがどのくらい見に来ていたかは知らないけれど)、佐々木麻緒ちゃんが歩いたのも、かわいかった(歩いてたね!)。泉澤祐希くんと川口翔平くんのコメディリリーフも、それなりにおもしろく、退屈な大人たちのシーンのアクセントになっていた。


舘野友里夏ちゃんと、舘野史津夏ちゃんは見分けがつかず。
橋麗奈ちゃんのMCという役は、何だったのかしら?(あのアナウンス?)

何かセレモニーっぽいことでもあるのかと思っていたが、そういったものや挨拶などは何もなく、あっさり終わった。

ダンスチームとしてプログラムに掲載されているなかで、舞台などに出演歴のある名前を拾っておくと、
岡山優花、飯野芹菜、新志穂、瀬川有太郎…といったところ。


それにしても、である。
劇中のフェスタの、主催者・関係者役の大人出演者たちの演技は、見ていられないレベルのひとも少なからず。にもかかわらず、この大人たちが繰り返し登場して、つまらないいい争いをしてみたり、お寒いギャグまであるので、大人キャストによるシーンは、いたたまれずに困惑した。
(発表会という趣旨は分からなくはないが、これなら、子どもの出番を増やしたほうがずっといい)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私はそのセントラルフェスタの出演者なのですが、半年間、必死に練習して、本番も、「成功した!」思っていたのに、コメントを読んでとてもガッカリしました。
ゆりゆり   10才
2007/01/07 22:07
ゆりゆりさん、こんなブログを読んで下さり、また、コメントまで残してくれて、ありがとうございます。がっかりさせてしまったとしたら、申し訳ありません。

セントラルフェスタは、「オリジナルミュージカル」と銘打って、チケットぴあでもチケットが一般発売されていましたから、「公演」だと思って拝見しました。

「公演」は不特定多数の観客が見るものですから、満足するひともいれば、不満を感じるひともいるのではないでしょうか。大きな舞台、有名な作品になればなるほど、いろんな感想があります。セントラルグループは、私のような部外者が注目するくらいに有名で、だからこそ、お金を払って見に行って、感想を書かせてもらったとご理解いただけたら幸いです。
はつせ、
2007/01/07 23:13
セントラルフェスタ2006のDVDって発売されたか分かりますか。1月中旬予定になっているみたいなんですが…
すみません、こんな質問しちゃって…
ショーヘイ
2007/01/27 22:09
私はDVDは申し込んでいないものですから、発売に関しては全く分かりません。せっかく書いてもらったのに、お役に立てず、ごめんなさい。
はつせ、
2007/01/28 02:23
メインキャストとして出演したものです
お客様の目にはそのように見えていたのか〜とあらためて考えさせられました。厳しいご指摘ありがとうございます。あれから4年たとうとしていますが。これからの舞台活動に役立てたいと思います
ちょび髭
2009/12/23 13:06
ちょび髭さん、コメント、ありがとうございます。
ひどいことを書くな、と複数の方からお叱りを受けたエントリーなのですが…お読み下さり、また、コメントまでいただき、恐縮です。
聞いたところでは、今年は10月に、セントラルフェスタ2009が行なわれたようですね。

これからのご活躍を願っております。
はつせ、
2009/12/23 21:30
セントラルプロダクションにはすでにぬけております
2009年のことはよくわからないんです
すいません。
ちょび髭
2009/12/24 12:21
ちょび髭さん。
> 2009年のことはよくわからないんです
> すいません。

いえいえ、わざわざの御返事、ありがとうございます。
はつせ、
2009/12/24 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
セントラルフェスタ2006 セントラルオリジナルミュージカル「夢と愛と喜びを・・・」 わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる