わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の子役は、誰れになる?

<<   作成日時 : 2004/08/03 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



2005年3月、森光子主演「放浪記」の上演を最後に幕を閉じる 芸術座。



「放浪記」の初演から 故小鹿番氏が演じて来た菊田一夫役は、斎藤晴彦さんが演ることですでに発表されているが、

さて、芸術座最後の演目に出演する子役(行商人の子)は、誰れだろうか。


同公演、チケットの発売初日は、混乱を避けるために窓口発売は行わず、電話のみで予約を受け付けるそうである。







このところ、東宝は、ル テアトル銀座(や東京芸術劇場 中ホール)で公演を行っているが、これは要するに、芸術座閉館後のことを視野に入れた公演会場の確保、ということでもあったのだね。



そのル テアトル銀座って、あの座っていると とっても疲れる椅子は、なんとかならないものか。と常々思っているが、ただし、あの椅子は、いわゆる「前傾姿勢」にはなりづらいつくりなので、そういう面での効用はあるのかも知れない。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後の子役は、誰れになる? わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる