テーマ:モーツァルト!

ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路

モーツァルトの姉・ナンネールを主人公とした映画、 「ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路」 http://nannerl-mozart.com/ 120分。4月、Bunkamura ル・シネマで上映。 ナンネル役(マリー・フェレ)は、ルネ・フェレ監督の娘で、15歳。 弟・ヴォルフガング役(ダヴィッド・モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉村春子賞

読売新聞の記事によれば、今日、2月28日は、第13回読売演劇大賞の贈賞式があるらしい。 杉村春子賞は井上芳雄氏(伊藤渚アマデとのおなじみの舞台写真付き →http://info.yomiuri.co.jp/prize/engeki/13_sugimuraharuko.htm)。 ちなみに、杉村春子賞は第6回からで、受賞者は、宮本裕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日(1月27日)は・・・

昨日、1月27日は、モーツァルトの誕生日だったのだね。 手もとにある、池内紀「モーツァルト考」(講談社学術文庫)の略年譜では、 1756年『ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト誕生。一月二十七日午後八時、ザルツブルクのゲトライデガッセ九番地。父レーオポルト、母マリーア・アンナ・ペルトゥル。五歳上の姉ナンネルがいた。』 (28…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜スタジオパーク あなたの声に答えます

今日(1/15)放送の、「日曜スタジオパーク あなたの声に答えます」(NHK総合、11.00~11.30)は、 特集『生誕250年! モーツァルトの魅力』 ゲスト: 井上芳雄 さてさて、ミュージカル「モーツァルト!」の舞台映像とか、流れるかしら?  ↓ [追記] やった。「僕こそ音楽」と「フィナーレ」の、伊藤渚嬢のアマデの映像を捕獲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多座サイトに、「モーツァルト!」千穐楽レポート!

博多座サイトの、モーツァルト!ニュースに、「モーツァルト!」千穐楽レポート!として、カーテンコールでの出演者のあいさつが紹介されています。 なお、博多座の同ページは、12月15日で閉鎖するとのこと。 あと、「演劇界」2006.1月号に、博多座公演の舞台写真が(白黒で)3カット掲載されていますが、いずれも、モーツァルト!ニュースの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すばらしき舞台写真

博多座サイトの「モーツァルト!ニュース」に出た、仮面舞踏会のシーンの舞台写真、いい! 井上ヴォルフガングと黒沢ともよアマデ。 中川ヴォルフガングと高橋愛子アマデ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多座公演プログラム

博多座11月公演「モーツァルト!」のプログラム(1800円)を入手。 (博多座からは、年に2、3回公演プログラムを取り寄せていますが)なんだか、今回は、届くのが早かった! さて、その公演プログラム。表紙の「MOZART!」のロゴの色は、グレー(といえばいいかな)。ちなみに、梅田芸術劇場のは、黒。帝国劇場のが、赤。中日劇場のが、グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レプリークBis 私たちのミュージカルライフ

11月10日発売の、「レプリークBis」私たちのミュージカルライフ (阪急コミュニケーションズ、1500円税込み) 表紙によると、登場の面々は・・・ 井上芳雄のミュージカルな日々、市村正親、山本耕史、岡幸二郎、島田歌穂、石井一孝、吉野圭吾、前田美波里、内野聖陽、一路真輝、岸谷五朗、姿月あさと、中川晃教、坂元健児がアドバイスミュージカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォームからいただいたご質問へのおこたえ

11/4の夕方にフォームからいただいたご質問へのおこたえです。 『10月28日夜の「モーツァルト!」中日劇場公演のアマデ役は誰れか』ですが、その時期は、井上・伊藤、中川・川綱の組み合わせで上演されていたと思います。 念のためブログを検索したところ、該当の公演をご覧になった方の報告も出ていますので、    ↓ http://asaga…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 10月23日昼(中日劇場)

10月23日(日)は、中日劇場で「モーツァルト!」を観劇。 昼公演で、12時開演。 日曜日の1回公演とあってか、この日のチケットは売り切れになっていた。 中川晃教のヴォルフガングに、黒沢ともよのアマデ。 1階前方のやや下手寄りの席で、視界が抜けてとても見やすかった。 中日劇場で2回見ることが出来た、黒沢ともよ嬢のアマデ。育った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部屋の片づけの途中に、

ホットカーペットを敷くのに、部屋の片づけをした。 まずはカーペットを天日に干しておき、部屋中のあちこちに積み上げてあるプログラムや雑誌や本、新聞記事のスクラップやらを、いったん隣の部屋に移すと、掃除をして、干しておいたカーペットを敷いて、隣の部屋からまたプログラムや雑誌類を戻すのだが、腰は痛くなるし、手間がかかってしようがない。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 10月20日夜(中日劇場)

10月20日(木)は、中日劇場で「モーツァルト」の夜公演も観劇。 午後5時半の開演。 井上芳雄のヴォルフガングに、伊藤渚のアマデ。 ヤマをかけて前売りを買っていた10月6日の昼公演を外しちゃったので、その後、買い足したチケットでの観劇。 伊藤渚ちゃんのアマデを見ることが出来たので、とりあえずこれで、思い残すことはない。中日劇場の1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 10月20日昼(中日劇場)

10月20日(木)は、中日劇場で「モーツァルト!」を観劇。 12時開演の昼の部。 中川晃教のヴォルフガングに、黒沢ともよのアマデ。 黒沢ともよちゃんのアマデは、6、7月頃の舞台と較べると印象がちがうね。 独特の、この世のものならぬオーラがあったのに、それが薄れて、やわらかい感じになっている。かつては「立派な肖像画の顔」を思わせたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 10月13日昼(中日劇場)

10月13日(木)は、中日劇場で「モーツァルト!」を観劇。 朝方、にゃんころげが「ニャン」といって部屋に来たので、ころげはかわゆいのぉ…と、いっしょに布団のなかにいたら、二度寝入りして寝過ごした! が、30分で準備を済ませて家を出、名古屋に着いてみれば、まだ11時。 駅となりの、タカシマヤの三省堂で本を買おうと、11階まで往復して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況。(雑話)

昨日(10/13)は、名古屋で「モーツァルト!」を観劇。 13日昼公演で、モーツァルト役は、『中川愛子』 観劇雑感は、また項を改めて。 ドイツ語版のCDを売っていたので、買おうかなとちょっと迷ったが、とりあえずやめておいた。 これで、中日劇場での観劇7ステージ(予定)6ステージのうち、3ステージを消化。 今日はこれから、間に合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 10月6日夜(中日劇場)

10月6日(木)は、急遽、「モーツァルト!」の夜の部も見ることにしたので、昼の部の休憩時間に電話をして、夕方からの東京での予定をキャンセルした。 「モーツァルト!」は、やはり、何度見ても面白い。 (あの、小道具の「箱」のことも気になったし) 夜の部は、当日券を買った。 中日劇場では「本日券」と称している模様。 この日は、御園座で上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 10月6日昼(中日劇場)

10月6日(木)は、中日劇場で「モーツァルト!」を観劇。 12時開演の昼公演。 井上芳雄のヴォルフガングに、高橋愛子のアマデ。 公演プログラム、表紙の「MOZART!」のロゴは、グリーン。(梅田芸術劇場のは、黒。帝国劇場のが、赤。さて、博多座のプログラムは何色になるのかな?) 8月の後半から帝劇のロビーに飾られていた(ブォルフガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「MOZART!」観劇から帰館。

つい先刻、「モーツァルト!」(中日劇場)を昼夜公演見て、帰館。 10月6日(木)は、昼の部のモーツァルトが、「井上愛子」。夜の部のモーツァルトが、「中川治加来」。 アマデ3点セットの「箱」(ウィーンの広場でのフランス革命のシーンまで、アマデが持っているほうの箱)は、新しくなったのかな。帝劇のときよりも白っぽい。照明があたると、半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「少年俳優」に、川綱治加来くん

「少年俳優」Vol.1(ぴあ、1800円税別)に、川綱治加来くんが載っている。プロフィール、宣材写真+アマデの舞台写真1カット(ともにカラー)。 治加来くんは、かわいいね!いまは、アマデ役の女の子3人よりも、かわいいもの。 ・・・で、とうとう、男の子版の「U15」ムックが発刊された訳だけれど、さて、今後の展開やいかに。私見です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上芳雄が故郷で主役! の記事。

日刊スポーツ九州(9月17日付)より、 井上芳雄が故郷で主役!モーツァルト 以下↓、抜粋(誤字等も、そのまま引用します)。 主演のヴォルフガング・モーツァルトをダブルキャストで演じるのは、地元・福岡市出身の井上芳雄(26)だ。 「藤崎商店街(福岡市早良区)にある、うどん屋さんが好きなんですよね。僕は世界一うまいと思ってるんですよ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 8月25日昼(帝国劇場)

8月25日(木)は、帝国劇場で、「モーツァルト!」を観劇。 午後1時開演の昼公演。 帝劇公演の千秋楽は26日だが、私の観劇は、この日でおしまい。 井上芳雄のヴォルフガングに、高橋愛子のアマデ。 高橋愛子さんのアマデは、もはや、ゆるがない。そんな感じだった。 「モーツァルト!モーツァルト!」では、やっぱり、羽根ペンは箱の上にのせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミーツァルト!

博多座サイト内の「モーツァルト!」NEWSのページに、 特定の4公演を観劇したひとを対象に、「井上芳雄さんと中川晃教さんの舞台写真入りサイン色紙を各公演抽選で25名の方にプレゼント」というアナウンスがあるが、 井上ヴォルフガングの写真には、アマデも写っている!(ので、妙に付加価値が高そうである)。    ところで。 博多座サイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 8月24日昼(帝国劇場)

8月24日(水)は、帝国劇場で、「モーツァルト!」を観劇。 午後1時開演の昼公演。 中川晃教のヴォルフガングに、黒沢ともよのアマデ。 前日の「200回記念特別カーテンコール」で、ともよちゃんは、今年のアマデのなかでは、歳は下でも、小さくはないということが分かって、ちょっと認識が変わった。 そう思って見れば、他のアマデより細くもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝国劇場にて

8月24日、帝国劇場にて「モーツァルト!」を観劇後、劇場の外に出たら、「エリザベート」のキャンセル席をただいま窓口で発売中です、と案内していた。 9月前半の日程分。 こりゃラッキー!買うべ。 ってことで、どの日がいいかなとか、笘篠和馬くんはかわいいべ、などと考えていたら(笑)、無事購入したのはいいが、つい先刻の緞帳前の黒沢ともよ嬢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 8月23日昼(帝国劇場)

8月23日(火)は、帝国劇場で、「モーツァルト!」を観劇。 1時開演の昼公演。 この公演で、「モーツァルト!」日本版は、通算公演回数200回とのこと。 中川晃教のヴォルフガングに、高橋愛子のアマデ。 高橋愛子さんのアマデは、身にまとう雰囲気の濃度が増して、厳しいたたずまいで、充実度高し。 「僕はウィーンに残る」の乱入のとき、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「モーツァルト!」通算上演200回特別カーテンコール

8月23日昼公演での、「モーツァルト!」通算上演200回記念特別カーテンコール、について少しだけ。メモふうに。 200回の内訳は、中川晃教ヴォルフガングが 92ステージ、井上芳雄ヴォルフガングが 108ステージ、とのこと(中川言)。 挨拶では、レオポルト市村氏は、ひたすら高橋愛子(この日のアマデ)ちゃんの手を握っているし、コロレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 8月22日昼(帝国劇場)

8月22日(月)は、帝国劇場で、ミュージカル「モーツァルト!」を観劇。 午後1時開演の昼公演。 井上芳雄のヴォルフガングに、伊藤渚のアマデ。 伊藤渚さんのアマデは、とても純度の高い演技で、すばらしいのひとこと。帝劇での出演の締めくくりに相応しいものを見たと思った。 劇場の1階ロビーに飾られているパネルの舞台写真。仮面舞踏会で、井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 8月19日昼(帝国劇場)

8月19日(金)は、帝国劇場で、ミュージカル「モーツァルト!」を観劇。 午後1時開演。 井上芳雄のヴォルフガングに、伊藤渚のアマデ。 伊藤渚さんのアマデを見ていると、このアマデがきっと王道なのだ、と思える。過剰でなく、端正に、そして常にそこにいてヴォルフガングを見ている。そんな静的な存在感のなかに凝縮される感情が、シンプルにしてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト! 8月16日昼(帝国劇場)

8月16日(火)は、帝国劇場で、「モーツァルト!」を観劇。 12時30分開演の昼公演。 上野駅構内で、「美山加恋ちゃんのひよ子」もいま店頭に出ている分で終わりかな、店によっては、7個入りの箱がもとのデザインのものに戻っている。…などと思っていたら、 地震が来た! ひぇ~~…電車が、とまっちゃったばっ。 タクシーに乗ろうかと迷って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一家団欒は…

今月の替えうたは、これで。 モナミーと呼んでくれおじさんに招かれて、ウェーバー家へやって来たヴォルフガングとアマデ。  ♯一家団欒はいしまるしいな♪   いっかだんらんはうらやましいな それはともかく。 2002年の帝劇では、この「ウェーバー家」へやって来るシーンで、中川ヴォルフガングと(鶴岡良 or 石川楓)アマデが、手をつな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more