テーマ:日々の思いなどの雑話

七宝焼

七宝焼の部活があるなんて! (私もそんな時代に中学校生活を送ってみたかった、とか思ったり。・・・あ、時代じゃなくて、学校によりけりってことなのか)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「芸能ビジネスを創った男 渡辺プロとその時代」他

ブックレビューを、とりあえず3冊分。 ★野地秩嘉「芸能ビジネスを創った男 渡辺プロとその時代」 (新潮社、1400円税別) 芸人や歌手のマネージメントをしてギャラの上前を撥ねるという旧来の芸能業務を、プロダクションがテレビ番組や映画の企画・制作を行ない、また音楽著作権を管理することによって、(現在では当たり前の)芸能ビジネスへと発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京になっていく篇

おなじみ、JR東日本 SuicaのテレビCM テレビCMギャラリー に、「東京になっていく篇」が登場。 うちあけるーわ♪ 西原亜希さんのところだけでなく、東京には、あちこちにペンギンがいる模様。 ペンギンと暮らしたいよー!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしい電話のかけ方

堀井憲一郎「若者殺しの時代」(講談社現代新書、700円税別)を読んだ。 1983年という年をターニングポイントと見て、「若者」をとりまく社会状況の変化を追っている。その頃の自分は何をしていたかなと、自身のむかしに重ねて読むとうなずけることも多く、あっという間に読めて、おもしろい本だ。 「おしん」をピークに視聴率が低下して行くNHK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか

古田靖「瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか」(河出書房新社、1500円税別) を購入、読了。 これは、大変に面白い、好著。 瀬川晶司氏が、プロ入りの希望を表明する発端から、プロ編入試験に3勝して、四段フリークラス編入を果たすまでの経緯が、詳しく書かれている。先に出た、「棋士瀬川晶司 61年ぶりのプロ棋士編入試験に合格した男」(日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本 Suicaの新CM

西原亜希さんとペンギンが共演する、JR東日本 SuicaのテレビCM、新しいのがはじまった! ペンギンがふえてるよー!! なんか、4月からの新生活は、ペンギンと暮らすのが流行りってことみたいだ。 いいなー。ペンギン、どこにいるんだろう。うちにも来ないかなぁ、ペンギン。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にゃんころげの助のはなし

さて、今回は、当家に仕えた(いまは亡き)先代の猫の話をしよう。 その猫は、姓を「にゃん」名を「ころげの助」といった。 名が示すとおり、雄ネコで、若くして禄をはなれた浪猫であった。 武士は食わねど高楊枝、などというものの、空腹は耐えがたきようで、仕官を求めて愛嬌を振り撒き、当家の周りを徘徊しておった。 秋も深まり、夜風が身にしみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トントンギコギコ図工の時間 (DVD)

以前から気になっていた、ドキュメンタリー映画「トントンギコギコ図工の時間」(野中真理子監督)のDVDを購入。 「特典」まで見終わったので、雑感など。 まず、最初にいってしまうと、これは、見て面白い映画ではない。ドキュメンタリーとしても、統一感がなさ過ぎる。とりとめのないものを見せられている、といった感じだ。一部でとても評判がいいよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「チョコレートコスモス」を読んだ

恩田陸「チョコレートコスモス」(毎日新聞社、1600円税別) が面白い! 演劇小説である。 まだ、ゼロ公演・『目的地』 が終わったところまでしか読んでいないのだが、ここまで、すばらしい展開。先を読むのが楽しみ。フィクションではあるが、この演出家はあの人物をイメージしているのだろうな、この劇場はあそこを想定しているか、この女優はあのひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日に何度も

読売新聞のエンタメに、 新「卒業ソング」花盛り という記事。 卒業式でうたわれる歌も、少しずつ様変わりして来ているようで、とくに「旅立ちの日に」は、ニュース番組の特集などでもずい分と取り上げられていましたね。 ちなみに、私が(むかしむかしに)中学校を卒業したときは、卒業式でうたったのが「一日に何度も」という歌で、卒業生退場のとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お毛々でおそうじ

ほこりで汚れていたパソコンのキーボードがきれいになっていた。 掃除した憶えがないのに、どうしてだろうと思ったら・・・ そうだ、飼い猫のにゃんころげが上に乗って少しの間、寝ていたっけ。 にゃんころげのお毛々で、ほこりが拭われたんだね。 えらいぞ、ころげ!ホコリ高きネコだにゃ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「風魔」上、下

宮本昌孝「風魔」上、下(祥伝社、上下巻ともに2100円税別) を読了。 税込み4410円で、これだけ楽しめれば、読書の醍醐味というもの。 北条氏の滅亡から徳川家康の江戸開幕までを、北条に仕えた忍びの頭領、風魔(風間)小太郎を主人公に、群雄の駆け引きと、それを影で支える忍び者たちの暗闘を通してえがいた時代小説。ハードカバー上下二巻で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAKINIC GO GO

今日は、3月16日だから、松川佳以ちゃんに ちなんで。 「YAKINIC GO GO」の着メロなんて、どう? これとか、こっちとか(試聴可能)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「虹の橋」の日本語訳

先日、書店で、「虹の橋」の絵本を見た。 「虹の橋」といっても、澤田ふじ子氏の小説でもなければ、その小説を原作とした映画や舞台でもない。ペットロスのために書かれたというお話、というか詩文のことである。 さてその絵本、ぱらぱら立ち読みしたが、絵柄が好みでないこともあり、買わずにおいた。 翻訳が、湯川れい子氏。アマゾンで検索すると、これだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブックレビュー (8タイトル)

ブックレビューを、とりあえず、8タイトル。 大方、最近読んだものから、新しい順で。 ★「棋士瀬川晶司 61年ぶりのプロ棋士編入試験に合格した男」(日本将棋連盟、1600円税別) 私は意地悪なので、プロが4つ勝てばいい、と思っていた。本には『サラリーマンの挑戦!』なんてコピーがついているが、サラリーマンには手が届かなくてこそのプロなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「少しだけホームシック」篇

SuicaのCMのペンギンは、いつ見ても、かわゆいのォ。 http://www.jreast.co.jp/tabidoki/tvcm/ スケートも得意みたいだな。 カーリングをやったら、ピタッと止まるだろう。 ウチにも、あの、かわゆいペンギンが来ないかなぁ。 CMのペンギンを見ると、無性に、フライングボディシザースドロップをかまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12歳の文学賞

上戸彩さんが特別審査員として名を連ねていることから、芸能ニュースでも取り上げられていたが、小学館は、小学生を対象にした「12歳の文学賞」を設け、第1回の応募作品を募集中。 枚数などの概要は、 『●応募資格:締め切り時、満12歳以下の小学生であること。』 『●400字詰原稿用紙で5枚(2000字)以上。パソコンで書いた原稿A4サイズの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブックレビュー4題

たまには、読書感想文を。とりあえず、ハードカバー4冊。 ★梓澤要「女(おなご)にこそあれ 次郎法師」(新人物往来社、2400円税別) 歴史文学賞出身の著者の作を読んだのは、しばらく前の「百枚の定家」以来。巻末の著者略歴を見ると、女性のようだ。 徳川譜代筆頭井伊家の礎を築いた直政の養母にして女ながらに井伊谷の領主となった次郎法師直虎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICカード公衆電話が廃止に

NTT東日本の新聞広告によれば、平成18年3月末で、ICカード公衆電話の全てのサービスを廃止し、公衆電話は、磁気カード公衆電話へ一本化する。手持ちのICテレホンカードは、(郵送費用NTT東日本負担で)磁気テレホンカードと交換するという。  NTT東日本のサイト↓ 参照。  http://www.ntteast.co.jp/ptd/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「布団を着る」

読売新聞サイトの発言小町を見ていたら、 『「布団を着る」は標準語、方言?』 というトピックを発見。 私の母方は九州の人間で、布団は「着る」といいます。 布団を着て寝る。今日は寒いので、布団を一枚余計に着よう。布団をちゃんと着ないと風邪をひくよ。・・・などという訳です。 母親がそういうものだから、私も、布団を着る、といういい方を当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況

風邪をこじらせ、2月4日以来、一週間余り寝込んでいる。 起きると頭が破裂しそうな頭痛と目を開けているのも耐えがたい前頭部の頭重に見舞われ、横になればなったで咳が出ると止まらない。加えて、全身すっぽりの倦怠感。立って歩くのもままならず。 熱と吐き気には無縁なのが幸いというべきか。 こんなひどい状況でも、家風呂の掃除は私がやらねばすま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パソコンが壊れた

某ミュージカルのチケット取りにエキサイトし過ぎて端末に紅茶をこぼした結果、約3分の1のキーが利かなくなり、webページの閲覧やメールを読むことには問題ないものの、テキストの入力がほぼ不可能となりました。 いま、これを入力している端末は旧くて動きが遅く、日常の使用には耐えられないので、新しい端末を入手するまでは、ブログ他の更新がとどこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から、2月

今日は、2月1日。 ついこの前、年が明けたと思ったのに、早いことである。 2月1日は、においの日。「2.01」で「に・お・い」の語呂合わせ。P&G「ファブリーズ暮らし快適委員会」が2000年に制定した(「きょうも猫日和 猫のいる歳時記」実業之日本社刊 より)。 さて、東京都内の私立中学校は、2月1日から5日にかけてが入学試験。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川田正子さんの訃報

今朝(1/24)の新聞に、童謡歌手の川田正子さんの訃報(たとえば、これ)が載っていた。 下記なども、参照。  川田正子と森の木児童合唱団  やぁ!お元気ですね 川田正子さん(歌手) 森の木児童合唱団の主宰者として知られる川田正子さんは、戦時中から戦後にかけて、少女歌手として活躍したひとで、「兵隊さんの汽車」は有名。このうたは、戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城戸かれんちゃん

少女ヴァイオリニストの城戸かれんちゃん(小学5年生)て、やっぱり可憐なのかな。 3月12日(日)の鎌倉芸術館での、「鎌倉の音楽家によるコンサート~鎌倉市小・中・高 学生音楽コンクール・日本音楽コンクール入賞者競演~」で演奏するって。新聞に広告が出ていた。 チラシ表。 チラシ裏(プロフィール)。 ・・・見たいけど、席が後ろのほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かさが飛んで来ました」

ただいま、外は、雪が降っています。  雪は降る、あなたは来ない~。  雪は降る、あばたは出ない~。 どうして、共通一次、じゃなくてセンター試験の日は、雪になる確率が高いのだろう。 先週の土曜日に、雪が降らなくてよかった。観劇の日に雪だと難儀だから。でも、先週の土曜日は、午後から雨がどしゃどしゃ降ったけれど。 さて、話は、雪のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長い長いさんぽ

須藤真澄「長い長いさんぽ」(エンターブレイン、720円税別)を買って、読んだ。 須藤真澄さんのまんがのキャラクターとしても活躍した猫の「ゆず」の晩年の日々。圧巻は、その、ゆずとの別れが描かれている表題作。ねこ好きなら、涙なくしては読めないだろう。愛猫の死に目に会えないのは、とても辛いことだ。 私は、知らなかったけれど、ゆずくんの一周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫が病気で飼い主パニック

明け方、突然、飼い猫のにゃんころげの具合が悪くなり、周章狼狽。猫が病気になると、同居の人間のほうが心配のあまりに、おかしくなりそうだ。酔い醒めで震えが来るし、ころげは何かいいたげにときどき鳴くし、寝ずに傍にいつつも、耐え難い数時間を経て、少し落ち着いた頃、朝になって、病院に連れて行こうとしたら、気配を察してこたつにもぐり込んで出て来な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検索してみたら

少し前に、「ジョヨボヨの予言」の「ジョヨボヨ」で検索して出て来たインドネシア関連のwebページを読んだことを書いたが、 今度は、「ブログ 閉鎖」「サイト 閉鎖」で検索してヒットしたwebページを拾い読みしてみた。おもしろい。そのページやウェブログのなかのリンクをたどって行くと、さらに面白い。 「沈黙のオーディエンス」なんて言葉を、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹芝客船ターミナル

四季劇場の近くに、竹芝客船ターミナルがある。伊豆七島方面への船に乗る竹芝桟橋の、待合所のような施設だ。建物全体としては、ニューピア竹芝、といえばいいのかな。 むかし、「ライオンキング」を見に四季劇場へ行っていた頃、観劇の前後は、この竹芝客船ターミナルに立ち寄ることが多かった。いすがあちこちにあるから、サンドイッチや弁当を食べたり、コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more