テーマ:「南十字星」関連

「ミュージカル 南十字星」京都公演のキャスト

「ミュージカル南十字星」京都劇場公演のキャストが発表された。 大方の(?)予想通り、子どもたちには、チップ女優さんたちが入ったようで、これを残念と思うか、重畳とするかは、観客(ファン)それぞれの期待や立場によって様々でしょうが・・・私は、ほっとひと安心、といった気持ち。 さすがに、初日とあって、確定キャストインフォメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラ・アルプ」2006年4月号

「ラ・アルプ」2006年4月号が届いた。 「ミュージカル南十字星」のCD発売のチラシ(というか申し込み用紙)が入っていたが、 レコーディングキャスト    ↓ 『保科勲: 阿久津陽一郎  リナ・ニングラット: 大平敦子  ルアット・ニングラット: 内田圭  オットー・ウィンクラー: 吉賀陶馬ワイス  キキ: 大徳朋子  原田春子: 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

審判 神と人とのあいだ 第一部

3月15日付の読売新聞夕刊に、4月に劇団民藝が、木下順二作の「審判 神と人とのあいだ 第一部」を上演する、という記事が出ていた(→ 大滝秀治 「審判」36年ぶり弁護士役)。 私はこの戯曲については全く知らなかったが、なんでも、「神と人とのあいだ」は二部作で、その第一部がA級戦犯(東京)裁判をテーマにした「審判」、第二部がB、C級戦犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「責任 ラバウルの将軍今村均」が復刊に

角田房子氏の著書「責任 ラバウルの将軍今村均」が、2月10日に、ちくま文庫として復刊になる。 2月4日付朝日新聞夕刊に、関連記事として、角田房子氏のインタビュー記事が出ている。『硬派のノンフィクション作家は相次ぐ自作復刊の増補改訂に、晩年の力を注いできた。』と紹介されている。 劇団四季のミュージカル「南十字星」の参考文献に挙げられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラ・アルプ」2006年2月号

四季の会々報誌「ラ・アルプ」2006年2月号の、ミュージカル「南十字星」の初日をリポートしたページに、カーテンコールの舞台写真が載っていて、 鈴木優美ちゃんが写っている!! 公式サイトのクリップボードに出た写真とは別のだ。 小さいけれど、表情が見取れるので、このアルプ、そのうちどこかの劇場で、もう1、2冊買っておこう。 「1、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南十字星 1/14昼・夜

鈴木優美嬢の出演予定の「読み」は、年末からずっとあたっているので、そのままためらわずに、1月14日(土)の、ミュージカル「南十字星」のチケットも前日予約することにした。 のはいいが、四季劇場[秋]の1階6列(オケピットが入って、実質4列目)は前のお客さんの頭が被って見づらい。7列のほうが舞台が見やすいからと、いつぞやは、7列が出ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季なびgationの記事

劇団四季公式サイトの四季なびgationに、1月15日の、 『ミュージカル南十字星』千秋楽 の記事。 カーテンコールの写真に、川野礼絵ちゃんと、笘篠ひとみちゃんが写っている(右の笘篠さんが分かりやすい)。 「南十字星」のカーテンコールで「ブンガワン・ソロ」がはじまると、後ろのアンサンブルの役者さんたちがうたに合わせて左右に揺れる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南十字星 千秋楽

1月15日(日)は、ミュージカル「南十字星」を観劇。 13時開演。この日、千秋楽。 前日の14日の昼・夜(鈴木優美ちゃんが出演した)観劇で見納めにするつもりだったが、その14日に、千秋楽の残席照会をしてみたら、前日予約にいっぱい席が出ていたので、つい安い席を買ってしまった。 (鈴木優美ちゃんが出なくても)最後に、上から俯瞰で見直して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南十字星 1/12昼・夜

1月12日(木)は、鈴木優美ちゃんを見に、四季劇場[秋]へ行った。昼・夜2公演を観劇。 日生劇場のなんとかオペラとかいうののチケットは無駄になっちゃったけど…浜松町に鈴木優美ちゃんが出ているというのに、おちおち、有楽町でそんなもの見ていられるかってんだ。 確信を持っていえる。鈴木優美ちゃんほどかわいい女の子は、いま、他のどの舞台にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月8日のアミナは、川野礼絵ちゃん

1月8日(日)は、四季劇場[秋]で、ミュージカル「南十字星」を観劇。 13時開演で、満席だった。 チケットは前売りで買っていたものだったが、 鈴木優美ちゃんの出演日を引き当てた。 運は、いまだ手中にあり。…でもでも、席位置は、オランダ人捕虜収容所のシーンで上手側を見るには、ちょっときつかった(ので、川野礼絵ちゃんを見てた)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪はるか遠くの、友の力を得て…

1月6日(金)は、四季劇場[秋]で、「南十字星」を観劇。 1月5日に、鈴木優美ちゃんが出ていないのを、確定キャストインフォメーションで確認後に、前日予約しておいた。5日に出てなきゃ、6日だなって。ミンチェだろうとも予想して、オランダ捕虜収容所のシーン&カーテンコールの鈴木優美ちゃん鑑賞用の角度で座席を取った。 大成功!!(なんか、運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のりと木の根っこは、おかゆとごぼう

12月28日(水)は、ミュージカル「南十字星」を観劇。 神保町から地下鉄を乗り継いで、四季劇場まで45分もかかった。 今回、4ステージ目の観劇になるが、決まって御招待客用の受付(机)が出ている。いったい、御招待様はどのくらいの割り合いいらっしゃるのだろうか。 アミナが鈴木優美ちゃん、ティエンが笘篠ひとみちゃん、ミンチェが川野礼絵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョヨボヨの予言、あるいは「南十字星」の魅力。

インターネットで、「ジョヨボヨの予言」の「ジョヨボヨ」で検索をかけると、ミュージカル「南十字星」の鑑賞に役立ちそうなwebページがいろいろと出て来る。 この1週間というもの、鈴木優美ちゃんはいつ出るかなと思いつつ、「ジョヨボヨ」でヒットしたwebページをあれこれと読んでいた。なかなか面白い。 初演のときは、「南十字星」という舞台の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「南十字星」って、楽しい!

12月24日(土)は、四季劇場[秋]で「南十字星」を観劇。 23日に、昼公演を前日予約しておいた。つまりやけくそ、じゃなくて、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、ということである。クリスマスなのだし、わが身に僥倖あれ、という訳だ。 で、劇場へ向かう途次、12時過ぎに確定キャストインフォメーションを聞いた。女性アンサンブルへ行って、「おく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイリュームとか

12月24日(土)の、「南十字星」クリスマス特別カーテンコールで配られたサイリューム、まだ、光ってる。昼・夜つづけて見たから、ふたっつあるよ。 鈴木優美ちゃん、とーっても、かわいい。 「リナ先生、インドネシアは、どこですか」 鈴木優美ちゃんのアミナを見られて、幸せ!! ティエンもミンチェもアミナも、どれを演っても、かわいいってば。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早くもあきらめムード

初日の僥倖のあとは、読みを外しまくって、絶体絶命。 実質ダブルキャストなのに、早くも惨憺たるありさま。  もう、鈴木優美ちゃんを見るのはあきらめようあきらめないぞ。 (このままだと、時間をいたずらに費やし、傷口が広がるばかりだ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川野礼絵ちゃんのアミナが出た模様

確定キャストインフォメーションによれば、 本日、12月21日(水)1時30分開演の「南十字星」に川野礼絵ちゃんのアミナが登場。 川野礼絵ちゃんがアミナというのは予想通り。 だったけれど・・・鈴木優美ちゃんのミンチェも出たのね。早くも、ひろみちゃんを見る機会をひとつ逸した(…13階段をひとつ上った気分だな)。 ミンチェってさ、男性ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季公式サイト クリップボード『ミュージカル南十字星』開幕!

劇団四季公式サイトのクリップボード、『ミュージカル南十字星』開幕! のカーテンコール舞台写真に、鈴木優美ちゃんが写っている!! (真ん中の写真がいちばん分かりやすい) 鈴木優美ちゃんは、よく見えない写真でも、かわいい!ケチャは、見どころだね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「南十字星」子どもたち3役 出演表 No.2

前回(初演)公演と同様に、アミナ、ティエン、ミンチェの3役の出演表を作成します。 今回は、キャストボードもキャストブックも最初から「子どもたち」となっていますから、ページタイトルもそれに倣いました。確定キャストインフォメーションでは女性アンサンブルとして発表され、個別の役名がアナウンスはされていませんが、これも前回公演に倣って作成し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南十字星 初日

12月18日(日)は、四季劇場[秋]で、ミュージカル「南十字星」を観劇。 この日、初日。 ミンチェが、 鈴木優美ちゃんだよー!! 鈴木優美ちゃんて、やっぱりとーってもかわいい! (ティエンより)ミンチェのほうが、前でお手々つないでうたうシーンが1回多いから、いいな。髪の毛は三つ編みだった。最後の(カーテンコールの)群舞のときは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ開幕「南十字星」

12月18日(日)に初日を迎える「南十字星」(於 四季劇場[秋])。 池田彩さんのホームページで、アミナ、ティエン役での出演が発表された。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の、NNNドキュメント’05

月刊のテレビ雑誌(首都圏版)によると、 12月25日深夜(=26日未明)の日本テレビ、NNNドキュメント’05は「南十字星の下で・劇団四季」(仮題)を放送する模様。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確定キャストインフォメーション

劇団四季の週間出演予定者公表方法変更(ここ など参照)について、さらに少し。 本日(8月1日)、「魔法をすてたマジョリン」の公演があったことに気づき、先刻、四季の新しいテレフォンサービスである「確定キャストインフォメーション」にかけてみた。 すると、「魔法をすてたマジョリン」の確定キャストでは、アンサンブルまでがちゃんと案内されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティーンズアクトレス vol.2

「T'A Teen's Actress (ティーンズアクトレス)」(宙出版)vol.2 を購入。 なかみ見てみないととても買えない、と思っていたが、ようやく立ち読みがかなった。グラビアは、前号につづきつまらないが、ティーンズアクトレス名鑑(アンケート形式のプロフィール紹介ページ)は、まずまず。 ちなみに、今号のティーンズアクトレス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

内田莉紗さんが、「髪からはじまる物語」に出演

2月末発売、近代映画社の「memew」vol.23の、りさりさの連載を立ち読みした。 それによると、内田莉紗 嬢、ショートムービーに出演。 「髪からはじまる物語」三部作の第2話『あこがれ』の小袖役。 「髪からはじまる物語」三部作公式ページ によると、これはネットムービーで、サロンスタイルというシャンプー、コンディショナーを買うと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

本日・光の亞細亞 (「南十字星」千秋楽鑑賞余滴)

「南十字星」の第一幕で。 学校が出来て、リナ先生とアミナ・ティエン・ミンチェの3人が世界地図を見ている授業のシーン。 その学校に看板みたいなのが掲げてあり、そのひとつに「本日・光の亞細亞」と書いてある。舞台を見ていて、「ほんじつ・ひかりのあじあ」ってどういう意味だ?と思ったが、プログラムの舞台写真を見たら、あー、なんだ「亞細亞の光・日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「南十字星」千秋楽雑感

10日に、四季劇場[秋]で「南十字星」を観劇。 千秋楽で、午後1時開演。 開演前は、ロビーで、(会員特典の)インセンスグッズ(お香)をもらった。箱のまま、部屋にあるだけで、かなり匂う。ので、各種香りに弱いひとは、ダメかもね…(私がもらったのは、ストロベリー フレッシュで甘いいちごの香り、なのだが、なんか、おばあちゃんの部屋っぽいにお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季劇場に稽古場建設中。

今日 10日に「南十字星」を見に四季劇場へ行ったら、[春]側の駐車場だったあたりに何やら建設中で、何かなと看板を見たら、JR東日本アートセンター稽古場 だって。 とうとう劇場前に、稽古場まで造っちまうのか。あざみ野まで行くロスを省いてみっちり稽古が出来ますように、ってことだろうか…(12月26日にはまだ工事していなかったと思うから、年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「南十字星」再演!

あけましておめでとうございます! さて、新年を迎え、四季公式サイトに公開された 浅利慶太芸術監督インタビュー によれば、劇団四季は、2005年の終戦記念日、8月15日から「李香蘭」「異国の丘」「南十字星」の三作を連続上演するとのこと。 (再演では、アミナ、ティエン、ミンチェは、どんな顔ぶれになりましょうか…) また、同インタビュー…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more