テーマ:読書

東野圭吾公式ガイド

昨日(3/3)、東野圭吾「麒麟の翼」(講談社、1600円+税)を買ったら、文庫サイズの 作家生活25周年特別企画「東野圭吾公式ガイド」(全タイトル本人コメント収録) というのがもらえた。 講談社が出しているもので、全部の書店でもらえるかどうかは分からないが、「麒麟の翼」をいっぱい積んで売っているような大きな書店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こども小説 ちびまる子ちゃん

3月1日に、集英社から、小・中学生の読者を対象にした児童文庫、 集英社みらい文庫 http://miraibunko.jp/ が創刊される。 第1弾として、10冊が刊行になるが、ラインナップのなかに、小説版「ちびまる子ちゃん」がある。 さくらももこ 作・絵、五十嵐佳子 構成 こども小説「ちびまる子ちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波紋 警視庁失踪課・高城賢吾

堂場瞬一「波紋 警視庁失踪課・高城賢吾」(中公文庫、定価900円) http://www.chuko.co.jp/bunko/2011/02/205435.html 警視庁失踪課・高城賢吾シリーズの最新作。明日(2/23)には、書店に出ているかな。 堂場瞬一10周年記念特設サイト http://www.dob…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアター!/シアター!2

有川浩「シアター!」(メディアワークス文庫、610円+税) は、昨年、たまたまアクセスした演劇ファンのひとのブログに面白いと書いてあったのを見て、読んでみたいなと思ったものの、刊行から数か月が経っていたせいか、書店で探しても見つからず(普段の読書ではライトノベルとは縁が薄いので見つけられなかったのかも)、なんとなくそのままにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊文春 2月10日号

綿矢りさの新連載 「かわいそうだね?」 を読むために、 「週刊文春」2月10日号(350円)を買った。 http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/ この連載、どのくらい続くのだろう。いつまで「週刊文春」を買い続ければいいのか? (同じ日に発売の週刊誌なら、表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉原十二月

松井今朝子「吉原十二月」(幻冬舎、1600円+税) http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=102187 を読んだ。 この作家の吉原ものは絶品。語り口のよさも、しかり。各章のエピソードを味わいつつ、ふたりの花魁の行く末やいかに、と思いながら読み進めたが、見事におさまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more