サウンド・オブ・ミュージック 2月23日(水)


2月23日(水)は、四季劇場[秋]で、「サウンド・オブ・ミュージック」を観劇。

今週は、平日の3ステージは、全て昼公演。


「サウンド・オブ・ミュージック」東京公演 2月23日(水)午後1時30分開演のキャストは、以下のよう。アンサンブルは省略。


マリア: 井上智恵
トラップ大佐: 村俊英
修道院長: 秋山知子
エルザ: 西田有希(劇団俳優座)
マックス: 勅使瓦武志
シュミット: はにべあゆみ
フランツ: 青山裕次
シスター・ベルテ: 佐和由梨
シスター・マルガレッタ: 矢野侑子
シスター・ソフィア: あべゆき
ロルフ: 石毛翔弥

リーズル: 松元恵美
フリードリッヒ: 児玉武
ルイーザ: 近藤里沙
クルト: 岩本雄伍
ブリギッタ: 村瀬由夏
マルタ: 鳴戸瑶姫
グレーテル: 片山佳音


フリードリッヒ以下の6役の子どもたち全員が、昨夏のオーディションで入ったと思われるメンバーで構成されるキャスティングは、このステージで2回目になる。前回は、1月12日(水)夜公演。


村瀬由夏ちゃんのブリギッタは、この日までで18回出演しているが、そのうち8ステージを見ることが出来た。

そもそも大晦日に村瀬由夏ちゃんを見に出かけなければ、今年になってから、毎週、「サウンド・オブ・ミュージック」に足を運ぶような事態にはならなかったことを思えば、もはやここに到って他のブリギッタには乗り換えられない。
なんとか、あと2回は見たいなぁ…。

村瀬由夏ちゃんはかわいいし、口跡よくて、ダンスシーンの動きもきれい、ぬいぐるみの抱き方はキュートだし、見ていて楽しくなる。申し分がない。


先週までと較べて、ツェラーが替わったので(高橋基史→白倉一成。 そもそもこのふたりしか演っていないよね)、シーンの印象もちょっと変わった感じ。高橋基史ツェラーって、役にはまっていて、こわ過ぎだったもの(笑)。


それはそうと、「ライオンキング」の休演期間も終わったのだね。その[春]劇場も昼公演で、学校団体が入っていて(団体は複数だったみたい)、開演前のロビーがにぎやかだった。

ジェローム・ベルの「The Show Must Go On」が日本版キャストを募集中


彩の国さいたま芸術劇場とフェスティバル/トーキョー11の共同主催で上演する、

ジェローム・ベル「The Show Must Go On」

が、日本版キャストを公募している。

舞台経験は不問で、演出家の意向として、年齢、国籍、ルックスも多様な方々の参加を希望している、とのこと。

募集人数は、20名程度。3月31日(木)締切。


稽古は、10月31日(月)~11月11日(金)。※詳細は、合格者に通知。
本番は、11月12日(土)~13日(日)、彩の国さいたま芸術劇場 大ホール。

【応募条件】 ・ 18歳以上の健康な男女。
・ 10月31日(月)~11月13日(日)のリハーサルおよび本番の全日程に参加できること。
・ 日常会話レベルの英語を理解し、話せること。
・ 演出家・振付家に指示される内容を記憶し実践する身体能力を有すること。
・ 作品中に使用される音楽のタイトル(20曲程度)と、重要な箇所のフレーズ(主に英語)が暗記できること。
※ 特別な舞台経験・身体能力は不問ですが、舞台経験のある方にはリハーサルの間リーダー的な役割をお願いする場合があります。

【待遇】 謝礼:12万円(税込・交通費込)



募集の詳細、応募条件、方法等の詳細は、
http://www.saf.or.jp/info_archive/info_1102_03.html