秀山祭九月大歌舞伎

今月の歌舞伎座、秀山祭九月大歌舞伎を観劇しての雑感をまとめておこう。

今月は、5日(火)に夜の部を。25日(月)に、昼の部・夜の部を見物。ただし、25日の昼の部は「六歌仙容彩」から、夜の部は「籠釣瓶花街酔醒」まで。
座席は、いずれも、三階席の前方。

5日は、安田女子高等学校という団体さんが入っていた。あとで同校のホームページを見たら、広島にある学校で、2年生の研修旅行らしい(いわゆる、修学旅行なのだろう)。昨年も歌舞伎座に来ていたようだから、同校では歌舞伎見物が定番のコースになっているのかな?
学校団体らしく、「籠釣瓶」の幕開きで場内が暗くなると、拍手が湧いていた。

25日は、NHKの収録が入っていて、場内放送でその旨のアナウンスがあり、舞台前にはフットマイクが並んでいた。


夜の部の「菊畑」は、鬼一法眼の花道からの出に、子役の女小姓がふたり従っているはずだが、今回は子役を使っておらず、女小姓はいない。

2004年11月の歌舞伎座、夜の部で「菊畑」が出たときは、小川夏樹、石坂なつみの両嬢が演じて、煙草盆と「かしこまりました」のセリフは小川夏樹ちゃんが受け持っていたが、女小姓が出ない今回は、それらを腰元衆が担当している。

歌舞伎の「鬼一法眼三略巻」というのは、どうにもつまらない芝居で、そのうちの一幕である「菊畑」も、どこが面白いのかよく分からなくて、始末に困る。たとえば、「一條大蔵譚」は繰り返し上演される人気狂言だが、私には、とても退屈。

これらに限らず、楽しめるか楽しめないかが、歌舞伎の観客になれるか否かを別ける演目、というものがあるような気がする。


昼の部の「寺子屋」と夜の部の「籠釣瓶花街酔醒」は、前回歌舞伎座での上演が、どちらも現・勘三郎による舞台だったから、武部源蔵も佐野次郎左衛門も、吉右衛門丈と勘三郎丈の同じ役を見較べるという面白さが加わった。


「寺子屋」は、寺入りがないと、小太郎(宗生)の出番が少なく、(菅秀才に対して)小太郎役の子役が損をする印象。

手習いのシーンで、他の寺子らに較べて、菅秀才(中村佳奈)の手本がどんどん進んで行くのは、やはり秀才だからなのか。

涎くりの他に、子役の寺子は、7人出ている。(2004年6月の歌舞伎座では、寺子は5人だった)
今回の子役の、手習いの席順は、下手側から、「男の子・男の子・宮永歩海・速見里菜・涎くり・男の子・清水大喜・男の子」という並び。…見る目がなくて、4人(芦村瑞樹、太田幸輔、小作龍汰、小澤正憲)は判別出来ず。

冒頭、涎くりがへのへのもへじ顔を書いて、菅秀才に「いちにちにぃ、一字学べば三百六十字の教え…」とたしなめられるのだが、歌舞伎座内で入手したフリーマガジン「東京文花座」9+10月号(VOL.10)を読んでいたら、書道家の武田双雲氏の書道教室では、子どもに「へのへのもへじ」を書かせる、というから、涎くりのしていることも、存外手習いの役に立つのかも知れぬぞよ。

親たちが迎えに来て、寺子がひとりずつ出て来るところは、最初にわんぱく(長太)、次がいちばん幼い子(岩松)で迎えはじい(祖父)、その次が涎くり、つづいて山家の子にしては器量よし(彦六)、あとは以下同文といった趣になる次第。今回は、宮永歩海ちゃんがいちばん小さくて、白く塗った器量よしが清水大喜くん(←この子は、昨年の歌舞伎フォーラム公演での小太郎役のひとり)。

武部源蔵という人物も、いくら忠義のためとはいえ、自分をお師匠と仰ぐ寺子を菅秀才の身代わりに殺そうと思う訳だから、よく考えれば、なんだか非道い話である。救いがあるとすれば、小太郎のことを聞いた菅秀才が、「われに代わると知るならば、この悲しみはさすまいに」とまともなことをいってくれて、この若君には徳が備わっていると、うかがえることである。

いろは送りになる件りで、戸浪が、(首のない)小太郎のなきがらを抱いて来て駕籠へ運ぶあたりは、いかにも歌舞伎らしい、(首実検以上に)生々しさを感じる場面だ。


「籠釣瓶花街酔醒」は、場内を暗くしてのチョンパでの幕開き。
序幕の花魁道中は、九重の道中が花道から上手へ。八ツ橋の道中が舞台奥から花道へ。今回は七越の道中は出ない。

昨年4月の中村勘三郎襲名披露の「籠釣瓶」では、八ツ橋付の禿と茶屋廻りが、最初に出る七越のそれを兼ねる配役だった(道中禿は小道具を持ち替えての登場)が、今回は、花魁道中が2回だから、そうしたダブりは、なし。でも、花魁道中は、3回出たほうが、華やかでいいな。

八ツ橋の禿が、みどり(山口千春)とたより(関根香純)。前者が煙草盆、後者がキセルを持つ。
九重の禿が、さとの(鶴旨美祐)としげり(馬場紗耶)。この二人かむろは、席位置のせいで、顔がほとんど見えなかったが、おそらく、前者が煙草盆で、後者がキセルだったろうと思う。

道中禿の並びは、煙草盆を持ったかむろが客席側に立つ格好。つまり、進行方向へ向かって、九重の道中では煙草盆のかむろが右側になり、八ツ橋の道中では煙草盆のかむろが左側になっていた。

子役としては、他に、遣手とのセリフのやりとりがある小按摩清市(梅丸)。
なお、今回の茶屋廻りは、御曹司4人(種太郎、隼人、廣太郎、廣松)が受け持っている。


大詰の立花屋二階、殺しの場。
中村吉右衛門の佐野次郎左衛門は、八ツ橋を斬り殺すまでを、気持ちの起伏で見せるように演じて内なる凄味を感じさせるのに対して、昨年見た中村勘三郎の佐野次郎左衛門は、刀の準備や足袋を脱いで座布団の下に隠すなどの、殺しのための段取りを、いかにもそれと分かるように演じたところに迫真があった。
そのちがいが、とても面白かった。


・・・それにしてもさ、八ツ橋じゃなくて、九重にしておけばよかったのにね。佐野の旦那も、見る目がないわいなァ。

この記事へのコメント