鈴が通る



劇団文化座公演 文化座引き揚げ60年記念企画

三好十郎の世界Vol.3「鈴が通る」(6月1日~6月11日、三百人劇場)



この公演に、男の子役として、劇団東俳の立石親良くんが出演。(同公演チラシより)

公式サイトにも、配役が出ています。





「鈴が通る」は、もともとはラジオドラマとして放送され、その後、文化座のユニット出演でドラマ化されたことがあり、2004年には文化座がはじめて舞台化した、とのこと。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント