アクセスカウンタ

<<  2011年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


子役は、石井晏璃・菊地心寧

2011/02/28 04:04

2月27日(日)は、シアタークリエで、

東宝ミュージカルアカデミー第5期生卒業公演「レ・ミゼラブル」

を観劇。(演出:増田邦彦)

27日は、午後3時開演。


過去ログのこの公演である。
http://newrisa.at.webry.info/201101/article_13.html


ロビー掲示の上演時間は、休憩込みで、2時間55分。

ジャン・ヴァルジャン役は、東宝ミュージカルアカデミー卒業公演の最初からジャン・ヴァルジャンを演じている上條恒さんが今回も出演。


受付で選んだ封筒からチケットを出したら、けっこう後方の席だったので、くじ運がないなと思ったが、その後、配付されたプログラムを披いて出演の子役を知った途端、この舞台が見られるだけでも、自分はすばらしく幸運だと思い直した。


子役のリトル・コゼット/リトル・エポニーヌは、

石井晏璃・菊地心寧

の役替わり。プログラムのスタッフ欄には『子役出演協力 テアトルアカデミー』とのクレジットあり。

2月27日(日)15時開演のステージは、

リトル・コゼット: 菊地心寧
リトル・エポニーヌ: 石井晏璃


配役を見てびっくり!な、サプライズキャスト。(私は、てっきり、一昨年と同じように、子役は東宝ジュニアあたりから出るのかと思っていたから)

こんないい子役でリトル・コゼット/リトル・エポニーヌを見られるなんて、僥倖というべきかも。(どう考えても、4月からの帝劇での本公演の子役よりもこのふたりのほうがいいと思う。2ステージだけの、それも役替わりで1回ずつしかない超ド級のお宝キャスト) この公演の観覧に当選したことは、そう、きっと、神の思し召しです(←あ、それは「サウンド・オブ・ミュージック」か…)。

あめりちゃん、木曜日にはグレーテルで出ているから、1日おいて、リトル・コゼット→リトル・エポニーヌ。私が見たのは、リトル・エポニーヌだけれど、衣裳が似合っていて、なかなか、かわいかった。(ここだけの話、グレーテルのあめりちゃんて、ちょっと、かつらが気になる)


菊地心寧ちゃんは、昨年7月の明治座、石川さゆり特別公演「長崎ぶらぶら節」で主人公愛八の子ども時代(サダ)を演った子。

リトル・コゼットの演技が丁寧で、顔立ちから感じられる柔らかさもあって、可憐な雰囲気と役柄らしさとが上手く溶け合っていた。リトル・コゼットのナンバー(雲の上のお城)をうたいながら、両手を火にかざして暖める場面が、よかったなぁ。フットライトのオレンジが炎の色になって、幼いコゼットの掌に映っていたのが、印象的だった。

回り舞台のない、この卒業公演バージョンでは、水汲みに出されたコゼットが森のなかでヴァルジャンに出会うシーンと、テナルディエの宿屋から連れ出したコゼットにヴァルジャンが服を着せるところはどちらも幕前で演じられるのだけれど、それらの幕前には転換つなぎという以上の演出効果がある。

「君をお城が待ってるよ」で、ヴァルジャンがコゼットを抱き上げて、くるくる回るところで、コゼットが足をバタバタさせていたのが、かわいい。(前日のあめりちゃんもやっていたのだろうか?)


卒業公演バージョンならでは演出が随所にあることも、帝劇等での「レ・ミゼラブル」本公演とはひと味ちがう見ごたえにつながっていて、たとえば、第2幕での、バリケードで死んだ学生たちの捌け方やそのタイミング、バリケードを舞台に残したまま、そのセットを使ってジャベールの自殺を演じるまでの展開には、工夫が光る。

東宝ミュージカルアカデミーの「レ・ミゼラブル」は、一昨年に3期生卒業公演を見ていて、2度目だったが、今回も楽しませてもらった。

カーテンコールは、幕が下りて、場内アナウンスが流れても拍手が続き、しばらくして、もういちど幕が上がった。


(カーテンコールで並んだのを見たら、菊地心寧ちゃんは石井晏璃ちゃんより、はっきりと大きかった)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


文学座有志による自主企画公演 久保田万太郎の世界

2011/02/26 23:17

久保田万太郎の世界 第九回公演(3本立て)

3月23(水)〜27(日)、文学座アトリエ

「暮れがた」(演出:鵜澤秀行)
出演: 赤司まり子 鈴木亜希子 金松彩夏 増岡裕子 中村葵(子役) 戸井田稔 関輝雄 岡本正巳 木津誠之 西岡野人 他

「一周忌」(演出:黒木仁)
出演: 関輝雄 中村彰男 山本郁子 山崎美貴

共同制作 坂部文昭一人芝居
「草鞋をはいた」(作:福田善之、演出:鵜澤秀行)
出演: 坂部文昭   エイコ(津軽三味線)


全席自由 3000円(学生 2000円)



「暮れがた」は、みつわ会公演のときに子役(浅川麗心ちゃん)が出ていた演目なので、この公演でも子役の出演があるはずだと思い、公演情報を探したところ、文学座の山崎美貴さんのブログに出演者が載っていたので、上記の情報のうち、出演者はそちらを参照した。
http://blog.livedoor.jp/minna_daisuki/

中村葵ちゃんて、どんな子だろう…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


都内のインターナショナルスクールの子どもたちが出演するとのこと

2011/02/26 22:05

はじめての来日公演になるという、

ミュージカル「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」

3月3日(木)〜14日(月)、東京国際フォーラム ホールC


過去ログのこれ。↓
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100923/p3


「シアターガイド」2011年4月号の公演紹介記事によれば、ツアー公演の子どもたちは地元採用で、今回、合唱隊で出演するのは、都内のインターナショナル・スクールに通う子どもたち、とのことである。(さすがに子どもたちまで帯同して来る訳ではないのですね)


この来日公演も、あとからあとから、いろいろ、特典付や割引のチケットが出て来ましたよね。値段としては、5000円のGOGOチケット(当日引換券。座席はどこになるか分かりません)というのが、いちばんお得だったのかな?

某日のこと、四季劇場[秋]からの帰り道の歩道で、ホリプロ公演のチラシを配っているひとがいたので、大喜びでもらったら、「ヨセフ」のCD付チケットの購入案内が入っていて、そのIDとパスワードでアクセスしてみたら、けっこう良席が出たので、思わず買いそうになって・・・(どうしたかは、省略)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ゲーマーズTV 夜遊び三姉妹

2011/02/26 00:32

2月24日(木)深夜24時43分〜の

「ゲーマーズTV 夜遊び三姉妹」(日本テレビ)
http://www.ntv.co.jp/yoasobi3/


松浦愛弓ちゃんがゲストで出るというので、録画して見た。この番組を見たのは、はじめて。


長女 光浦靖子
二女 加藤夏希
三女 小池里奈
愛弓(子役) 松浦愛弓


本名で出ていて、ランドセルに付けてある名札には「松浦愛弓 まつうらあゆ」と振り仮名までふってあった。番組では「小学2年生」といっていたから、じっさいより1コ下の設定。

赤のランドセルだった。(レギュラー出演している「知っとく!なっ得!」では、ランドセルは水色なのに)


番組で使われていたあの絵↓は、
http://www.theatre.co.jp/manager_blog/?p=1890
愛弓ちゃん自身が描いたものなのかな。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


細川たかし&大月みやこ 特別公演「一本刀土俵入」

2011/02/25 01:50

7月1日(金)〜14日(木)の中日劇場は、

細川たかし 大月みやこ 特別公演
http://www.chunichi-theatre.com/presents/2011/7/7gatsu1.html

第一部 一本刀土俵入
第二部 T&M二人のビッグショー


「一本刀土俵入」(長谷川伸 作、市川正 潤色・演出)

は、細川たかしの駒形茂兵衛、 大月みやこのお蔦。主な共演は、江幡高志、竹内春樹、成瀬正孝、手塚学、トミ譲二、門戸竜治。


(お君ちゃんは、名古屋圏の子役から選ばれるのでしょうか?)


なんだか、今年は、「一本刀土俵入」の上演が多い印象。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


劇場への招待「赤毛のアン」

2011/02/25 01:01

3月25日(金)、午後11時〜NHK教育テレビ

劇場への招待
劇団四季ミュージカル「赤毛のアン」

笠松はる、日下武史、他

(自由劇場で収録)



先日の報道にあったように、教育テレビの「芸術劇場」の枠が3月まででなくなってしまうのだとすれば、「劇場への招待」もこれで終了になってしまうのかな…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


歌舞伎舞踊のたのしみ〜女方の魅力〜

2011/02/25 00:25

大手町座 第6回
「歌舞伎舞踊のたのしみ〜女方の魅力〜」


5月27日(金) 15:00開演/19:00開演

日経ホール

全席指定 9000円 ※一般発売は2/26(土)〜


出演: 中村福助、片岡愛之助 他

演目: 長唄「鷺娘」 他



こんな企画があったのか、と。不倫問題と隠し子騒動は、これの宣伝じゃないの?って、このぐらい(610席)のホールで2回公演なら、すぐにも満席になりそうだから、そんな訳はないね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路

2011/02/24 23:17

モーツァルトの姉・ナンネールを主人公とした映画、

「ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路」
http://nannerl-mozart.com/

120分。4月、Bunkamura ル・シネマで上映。


ナンネル役(マリー・フェレ)は、ルネ・フェレ監督の娘で、15歳。

弟・ヴォルフガング役(ダヴィッド・モロー)は、パリの国立地方音楽学院在学中のヴァイオリン少年。


普段、洋画なんて見ないけれど、これは、おもしろそう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鈴木先生

2011/02/24 22:57

4月からの、テレビ東京の新番組

「鈴木先生」
http://www.tv-tokyo.co.jp/suzukisensei/

出演: 長谷川博己、土屋太鳳 他


中学校の先生ですね。番組ホームページには、生徒役は、まだ1名しか名前が出ていませんが、どんな顔ぶれなのでしょう。


放送時間は、いま、「最上の命医」を放送している月曜よる10時〜。(「最上の命医」は、面白いね)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サウンド・オブ・ミュージック 2月23日(水)

2011/02/23 23:45

2月23日(水)は、四季劇場[秋]で、「サウンド・オブ・ミュージック」を観劇。

今週は、平日の3ステージは、全て昼公演。


「サウンド・オブ・ミュージック」東京公演 2月23日(水)午後1時30分開演のキャストは、以下のよう。アンサンブルは省略。


マリア: 井上智恵
トラップ大佐: 村俊英
修道院長: 秋山知子
エルザ: 西田有希(劇団俳優座)
マックス: 勅使瓦武志
シュミット: はにべあゆみ
フランツ: 青山裕次
シスター・ベルテ: 佐和由梨
シスター・マルガレッタ: 矢野侑子
シスター・ソフィア: あべゆき
ロルフ: 石毛翔弥

リーズル: 松元恵美
フリードリッヒ: 児玉武
ルイーザ: 近藤里沙
クルト: 岩本雄伍
ブリギッタ: 村瀬由夏
マルタ: 鳴戸瑶姫
グレーテル: 片山佳音


フリードリッヒ以下の6役の子どもたち全員が、昨夏のオーディションで入ったと思われるメンバーで構成されるキャスティングは、このステージで2回目になる。前回は、1月12日(水)夜公演。


村瀬由夏ちゃんのブリギッタは、この日までで18回出演しているが、そのうち8ステージを見ることが出来た。

そもそも大晦日に村瀬由夏ちゃんを見に出かけなければ、今年になってから、毎週、「サウンド・オブ・ミュージック」に足を運ぶような事態にはならなかったことを思えば、もはやここに到って他のブリギッタには乗り換えられない。
なんとか、あと2回は見たいなぁ…。

村瀬由夏ちゃんはかわいいし、口跡よくて、ダンスシーンの動きもきれい、ぬいぐるみの抱き方はキュートだし、見ていて楽しくなる。申し分がない。


先週までと較べて、ツェラーが替わったので(高橋基史→白倉一成。 そもそもこのふたりしか演っていないよね)、シーンの印象もちょっと変わった感じ。高橋基史ツェラーって、役にはまっていて、こわ過ぎだったもの(笑)。


それはそうと、「ライオンキング」の休演期間も終わったのだね。その[春]劇場も昼公演で、学校団体が入っていて(団体は複数だったみたい)、開演前のロビーがにぎやかだった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジェローム・ベルの「The Show Must Go On」が日本版キャストを募集中

2011/02/23 00:26

彩の国さいたま芸術劇場とフェスティバル/トーキョー11の共同主催で上演する、

ジェローム・ベル「The Show Must Go On」

が、日本版キャストを公募している。

舞台経験は不問で、演出家の意向として、年齢、国籍、ルックスも多様な方々の参加を希望している、とのこと。

募集人数は、20名程度。3月31日(木)締切。


稽古は、10月31日(月)〜11月11日(金)。※詳細は、合格者に通知。
本番は、11月12日(土)〜13日(日)、彩の国さいたま芸術劇場 大ホール。

【応募条件】 ・ 18歳以上の健康な男女。
・ 10月31日(月)〜11月13日(日)のリハーサルおよび本番の全日程に参加できること。
・ 日常会話レベルの英語を理解し、話せること。
・ 演出家・振付家に指示される内容を記憶し実践する身体能力を有すること。
・ 作品中に使用される音楽のタイトル(20曲程度)と、重要な箇所のフレーズ(主に英語)が暗記できること。
※ 特別な舞台経験・身体能力は不問ですが、舞台経験のある方にはリハーサルの間リーダー的な役割をお願いする場合があります。

【待遇】 謝礼:12万円(税込・交通費込)



募集の詳細、応募条件、方法等の詳細は、
http://www.saf.or.jp/info_archive/info_1102_03.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こども小説 ちびまる子ちゃん

2011/02/22 23:32

3月1日に、集英社から、小・中学生の読者を対象にした児童文庫、

集英社みらい文庫
http://miraibunko.jp/

が創刊される。

第1弾として、10冊が刊行になるが、ラインナップのなかに、小説版「ちびまる子ちゃん」がある。


さくらももこ 作・絵、五十嵐佳子 構成
こども小説「ちびまる子ちゃん 1」
(定価609円)
http://miraibunko.jp/book/waraete/book001/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「芸術劇場」が終了するとのこと

2011/02/22 22:22

左右木健一・くみバレエスクール 公式ブログ
http://ameblo.jp/sokiballet(アメブロへ移転)

で取り上げていたので知ったのだが、地デジ化に伴う番組再編で、「芸術劇場」(NHK教育)が終了するとのことである。ということは、「劇場への招待」もなくなっちゃうのかな?!


朝日新聞の記事によると、
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201102010105.html
金曜夜の「芸術劇場」(教育テレビ)と金曜深夜の「ミッドナイトステージ館」(BS2)は3月で終了し、演劇を扱う番組がなくなる。BS2の「プレミアムシアター」はBSプレミアムに残るが、日本で上演される演劇は基本的に扱わないという。

-------

今日(2月22日)は、猫の日なので、このエントリーの投稿日時を「2月22日22時22分」にしてみた。(ちょっとズルしたけど)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


波紋 警視庁失踪課・高城賢吾

2011/02/22 22:03

堂場瞬一「波紋 警視庁失踪課・高城賢吾」(中公文庫、定価900円)
http://www.chuko.co.jp/bunko/2011/02/205435.html


警視庁失踪課・高城賢吾シリーズの最新作。明日(2/23)には、書店に出ているかな。


堂場瞬一10周年記念特設サイト
http://www.doba.jp/decade/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レディス4 上昇気流!話題人〜藤本隆宏〜

2011/02/22 01:20

2月21日(月)放送の

「レディス4」(テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/ladys4/

上昇気流!話題人〜藤本隆宏〜

を見た。

テレビドラマ初出演だった「坂の上の雲」の広瀬中佐役で注目され、現在、40歳。


三越劇場を訪ねるシーンがあったが、余計なものが置かれていない三越劇場のロビーって、あんなにきれいだった?!と、ちょっとびっくり。(三越がスポンサーだから、美しく撮ったのかも知れないが)

普段、舞台を見に行くと、受付が出ていたり、プログラムや弁当を売っていたり、それにひとで混み合っていて、ロビーは窮屈としか感じなかったり、客席も1、2階ともに舞台が見づらい傾向、というイメージがつきまとっているのだけれど、たまには、気持ちに余裕を持って、視点をかえてみるのもいいか。ロビーの天井なんて、見たことがなかったし…


5月7日(土)〜8(日)、日本橋三井ホールで行なう

母の日に贈る感動の朗読劇「かあちゃん」
 原作:重松清
 出演:藤本隆宏

全席指定 5000円(ワンドリンク付。チケット発売は、3/5〜)

の宣伝をしていた。

日本橋三井ホールというのは、COREDO室町のなかにあるホール。
http://www.nihonbashi-hall.jp/

ワンドリンク付の朗読劇とのことだが、どんな座席配置で上演するのだろう?


藤本隆宏氏の舞台だったら、2005年10月に時事通信ホールでやった、「KAKURENBO かくれんぼ」を再演すればいいのに、と思う。

「KAKURENBO かくれんぼ」
http://newrisa.at.webry.info/200607/article_1000.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ウルトラマンプレミア2011

2011/02/20 22:54

ウルトラマンシリーズ45周年記念「ウルトラマンプレミア2011」

5月1日(日)〜5日(木・祝)、中日劇場

http://www.chunichi-theatre.com/presents/2011/5/5gatsu1.html

出演: 渡辺大輔、真夏竜、南翔太、松下恵、山口智大、小杉彩人、影丸茂樹、黒部進、森次晃嗣


中日劇場は、以前から、このウルトラマンの舞台をやっているけれど、どんな演出なのだろう?

(私なんかの世代には、黒部進、森次晃嗣、真夏竜…の面々が懐かしくていい)



小杉彩人くんは、公演時(5月)には、中学2年生。
http://www.central-g.co.jp/talent/2008/01/post_40.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いぬのメリー 幸せを運ぶ伝書犬

2011/02/20 22:22

書店に、「いぬのメリー」の文庫版(リンダブックス)ノベライズが出ていたので、ついでに、買って来た。表紙カバー写真が小林星蘭ちゃん。
[追記] この本、ストーリーに凝ったところもないし、いかにもドラマのノベライズなのだけれど、というか、ドラマのノベライズらしいクライマックスがあって、グッと来る。泣かせる話だね。

星蘭ちゃんて子も、売れっ子だね。稼働率が高い…


BeeTV「いぬのメリー 幸せを運ぶ伝書犬」
http://pre.beetv.jp/pages/inunomerry/

出演: 酒井若菜 小林星蘭 廣田亮平 他



BeeTV
http://pre.beetv.jp/
(これって、ドコモの携帯でしか見られないのだよね)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年4月号

2011/02/20 21:18

発売中の、四谷大塚(ナガセグループ)発行の中学受験情報誌

「Dream Navi(ドリームナビ)」2011年4月号 (定価840円)
http://www.toshin.com/books/archives/2011/02/_formula1400.html


表紙モデルの女の子は、月岡陽実子さん、小学4年生。
        ↓
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B004LBEUSM/ref=dp_image_text_z_0?ie=UTF8&n=465392&s=books

-------

Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年3月号
http://newrisa.at.webry.info/201101/article_2.html
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年1月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20101202/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2010年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100922/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2010年8月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100621/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2010年7月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100520/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 創刊号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100222/p1
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん

2011/02/20 01:45

中日劇場は、8月4日(木)〜14日(日)、

芸能生活40周年記念
「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」
(原作・監修・脚本・演出:島田洋七、脚本・演出:池田政之)

を上演する。
http://www.chunichi-theatre.com/presents/2011/8/8gatsu1.html


出演は、

島田洋七 高橋惠子 新藤栄作 中澤裕子 丹羽貞仁 曽我廼家寛太郎 他


「佐賀のがばいばあちゃん」は、2007年8月の中日劇場で、大空眞弓のがばいばあちゃんことサノで初演され、翌年には同じ大空眞弓主演で9月中日劇場で再演とそれに続いての巡演があり、さらに、2010年5月の博多座では、原作者自身がサノ役で主演して上演されている。

今回は、3度目の中日劇場で、「島田洋七の」と銘打っての原作者主演公演。


この「佐賀のがばいばあちゃん」の舞台は、過去公演では、いずれも、子役を公募したのでしたが、さて、今回はどうでしょうか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボビー'S スタジアム 2/19

2011/02/19 23:50

2月19日(土)放送の、

「ボビー'S スタジアム」(テレ玉)
http://www.teletama.jp/bobby/


今回の『ボビスタ的社会科見学』は、劇団東俳。

ボビーが駒込の劇団東俳へ。藤野珠美代表も登場。
これまで「ボビスタ的社会科見学」に出演したキッズが集合。いっしょに、東俳のレッスンを、ボビーが体験。


次週へつづく。

(曽我瑞貴くんの髪形が相変わらずかわいいな)



ところで、今回の「ボビスタ」、ボビー・オロゴン&溝口真央が北海道ロケをしていたが、「ボビー'S スタジアム」は、テレ玉の他には、唯一、STV札幌テレビで放送しているのだって。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


オルビススペシャルWEBムービー「星がわらっている」

2011/02/19 21:30

3月配信スタートの、

オルビススペシャルWEBムービー「星がわらっている」
http://www.orbis.co.jp/small/8110101/

全5話のオムニバスウェブムービー。


これに、小野花梨ちゃんが出演する模様。
http://www.asami-mizukawa.com/atlantis/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サウンド・オブ・ミュージック 2月17日(木)

2011/02/19 02:30

「サウンド・オブ・ミュージック」(四季劇場[秋])

今週2度目の観劇は、2月17日(木)の公演。

午後1時30分開演。


主な出演は、


マリア: 井上智恵
トラップ大佐: 芝清道
修道院長: 秋山知子
エルザ: 西田有希(劇団俳優座)
マックス: 勅使瓦武志
シュミット: はにべあゆみ
フランツ: 青山裕次
シスター・ベルテ: 佐和由梨
シスター・マルガレッタ: 矢野侑子
シスター・ソフィア: あべゆき
ロルフ: 石毛翔弥

リーズル: 松元恵美
フリードリッヒ: 竹林和輝
ルイーザ: 近藤里沙
クルト: 川原一輝
ブリギッタ: 片岡芽衣
マルタ: 望月ひまり
グレーテル: 片山佳音


ここ最近の3回の観劇は、2/12(土)夜→2/15(火)夜→2/17(木)昼の3回とも、『マルタ:望月ひまり』だった。ねらって行ったのではないのに、こういうこともある。

その望月ひまりちゃんのマルタって、笑顔度が高いし、動きがキピキピしていて、かわいいよ(きびきびじゃなくて、キピキピって感じがする。「さよなら またね」の振りとか)。


片岡芽衣ちゃんのブリギッタを久しぶりに見て、演技が大きいのが、いいなぁと思った。たとえば、ルイーザが「あたしはブリギッタ」と名乗ったときのブリギッタの反応、クルトが「11歳」といったときに見せる表情など、リアクションがはっきり、分かりやすいので、見ていて楽しい。

片岡芽衣ちゃんと矢野遥菜ちゃんは、自分の髪でブリギッタを演じているから、ということは、かつらじゃないブリギッタは揃って左利き、ということになるのかな。


この劇団四季版の「サウンド・オブ・ミュージック」。最初に見たときは、ミュージカルナンバーから「How Can Love Survive?」と「No Way To Stop It」がカットされために、該当シーンの雰囲気が変わり、政治色が強まっている印象に戸惑いもあったが、観劇を重ねるうちに慣れて来た。

うたをカットしたことでセリフが際立ち、エルザをより政治的な存在として見せている。大佐との結婚を前提に都会のウィーンからザルツブルクへやって来たエルザの姿には、オーストリアを併合しようと迫り来るナチス・ドイツの存在がストレートに重ねられるからで、大佐がエルザと決裂することは、ドイツによるオーストリア支配を拒むという大佐ののちの行動とイコールになっているともいえる。

東宝が1998年に日生劇場で上演した「サウンド・オブ・ミュージック」は、ライブ録音のCDが発売されているが、それを改めて聴いてみると、劇団四季の上演では、それぞれの場面から「How Can Love Survive?」と「No Way To Stop It」をカットしているが、セリフについてはおよそそのままで、改変がある訳ではないことが分かる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ル テアトル銀座のお光

2011/02/18 21:37

ル テアトル銀座 二月花形歌舞伎
第二部「女殺油地獄」

に、お光役(交互出演)で出演中の

伊集院茉衣ちゃん。

http://www.theatre.co.jp/manager_blog/?p=1895
(テアトルアカデミー マネージャーblog より)

小学1年生とのこと。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パレスホテル大宮が2011年クリスマスケーキのイメージモデルを募集中

2011/02/17 23:15

パレスホテル大宮
http://www.palace-omiya.co.jp/
が、今年の冬に販売する、とちおとめ苺のクリスマスケーキのPRでチラシやホームページに登場するキッズモデルを募集している。

撮影は、3月下旬。クリスマスケーキのイメージモデルだが、栃木産いちご・とちおとめがおいしい春に撮影を行なう。


応募条件は、埼玉県内に在住の、幼児〜小学生の子どもで、男女は問わない。募集は、1名、あるいは1組。応募は、子ども1名のみでも、兄弟姉妹でも可。また、子ども&保護者での応募も可。

締切は、2月28日(必着)。賞品は、ホテル食事券(2万円相当)。

応募、詳細は、こちら。
http://www.palace-omiya.co.jp/campaign/kids-model.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2011年「ピーターパン」キャスト

2011/02/17 09:32

演出家が替わってニューバージョンになるという、ホリプロの

NTTドコモファンタジースペシャル
ブロードウェイミュージカル
「ピーターパン」

2011年7月20日(水)〜31日(日)、東京国際フォーラム ホールC


子役以外の出演者は、もう全部出ていると思っていいのかな。
http://www.horipro.co.jp/peter/cast/


ピーターパン 高畑充希
フック船長/ダーリング氏 橋本じゅん
ウェンディ 神田沙也加
タイガー・リリー 皆川まゆむ
ダーリング夫人 瀬戸カトリーヌ

海賊 辰巳智秋
海賊 今奈良孝行
海賊 保井健
海賊 原扶貴子
海賊 成清正紀

迷子 あべこ
迷子 鈴木里沙
迷子 鈴木崇乃
迷子 高島玲
迷子 ヨウラマキ

インディアン 本多剛幸
インディアン 福山健介
インディアン 中野高志
インディアン 松岡雅祥
インディアン 脇田伸悟
インディアン 大岩剣也

ナナ/ワニ 宮内佐和子
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ナツカナ

2011/02/17 09:16

昨日(2/16)放送の

「ナニコレ珍百景」(テレビ朝日)

でやっていた、海老名市の家さがしショップのPRソングをうたう「ナツカナ」っていうのをもっと見たいよ。


番組ホームページによると、
http://www.tv-asahi.co.jp/nanikore/

実はこの歌、社長の小笠原さんが作詞作曲した歌で
社長の姪っ子である「ナツカナ」こと
北岡可奈絵さん(18歳)と北岡夏実さん(15歳)、
そして、社長の息子さんが歌っているそう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


芸術劇場で「庄司紗矢香&ジャンルカ・カシオーリ デュオ・リサイタル」

2011/02/16 03:58

3月4日(金)の「芸術劇場」(NHK教育)は、

昨秋、国内ツアーが行なわれた

「庄司紗矢香&ジャンルカ・カシオーリ デュオ・リサイタル」

のなかから、2010年11月8日のサントリーホールでの演奏の模様を放送する。

曲目は、ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 作品47「クロイツェル」


庄司紗矢香(バイオリン)
ジャンルカ・カシオーリ(ピアノ)



芸術劇場(音楽)
http://www.nhk.or.jp/art/current/music.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サウンド・オブ・ミュージック 2月15日(火)

2011/02/16 02:30

「サウンド・オブ・ミュージック」(四季劇場[秋])

2月15日(火)午後6時30分開演の公演を見たので、とりあえず、主な出演者だけでも。


マリア: 井上智恵
トラップ大佐: 芝清道
修道院長: 秋山知子
エルザ: 西田有希(劇団俳優座)
マックス: 勅使瓦武志
シュミット: はにべあゆみ
フランツ: 青山裕次
シスター・ベルテ: 佐和由梨
シスター・マルガレッタ: 矢野侑子
シスター・ソフィア: あべゆき
ロルフ: 石毛翔弥

リーズル: 松元恵美
フリードリッヒ: 笠原知也
ルイーザ: 今井利奈
クルト: 川原一輝
ブリギッタ: 村瀬由夏
マルタ: 望月ひまり
グレーテル: 石井晏璃


あめりちゃんを久しぶりに見たなぁ、と思った。

「プレゼントにピンクのパラソルが欲しいなぁ」というセリフの前に、マルタがマリア先生を手招きするが、その手招きを右手でする子と、左手でする子がいるよね。(最近見たなかでは、内田花音ちゃんと、望月ひまりちゃんが左手だった)
左手ですると、客席からはマルタがよく見える。でも、右手でするほうが、動きは大きく感じられる。ちょっとしたことだが、おもしろい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こども司法書士

2011/02/15 01:35

鏑木海智くんの「こども司法書士」って、何回か見たことはあったけれど(TBSで月曜日の「ひるおび!」のあと)、番組ホームページに動画として公開されているのね。…知らなかった。

というか、これ、CBC製作だったのか、と。


「ごごネタ!解決!TV」
http://hicbc.com/tv/gogoneta/mon/


鏑木海智くんは、1月の「Welcome to Jubilee 9」に、近藤兄妹といっしょに出演したのだよね。(Jubileeって、いちど見てみたいと思いながらも、いまだに果たせずにいる)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


風街漂流記〜松本隆・言葉の海への航海〜

2011/02/15 00:11

塚本璃子ちゃんの舞台、見た〜い!!

朗読劇と音楽会って、おうた歌うのかな。



『風街漂流記』〜松本隆・言葉の海への航海〜
http://www.nelke.co.jp/stage/kazemachi/

一部 朗読劇 リーディング 〜扉の向こうに広がる海〜
二部 音楽会 コンサート 〜船上のぱあてぃ〜


4月10日(日)16:00〜、青山劇場

原作:松本隆(「風のくわるてっと」他、より)
企画・構成・演出:佐野史郎
企画・総合演出:堤幸彦


[出演]

成海璃子
佐野史郎




全席指定 7500円(税込)  前売開始 3月1日(火)午前10時〜



チケット、買えるかなぁ…。もし、買えなかったら、生きていたくない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「レ・ミゼラブル」子役キャストスケジュール 5、6月分

2011/02/14 23:40

「レ・ミゼラブル」(帝劇公演)

子役キャストスケジュールの、 5、6月分が出た。

http://www.tohostage.com/lesmiserables/koyakurote.html


(私が行こうかな、と思っていた観劇候補日には、こども店長は出ないなぁ…)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボビー'S スタジアム 2/12

2011/02/14 03:25

2月12日(土)放送の、

「ボビー'S スタジアム」(テレ玉)
http://www.teletama.jp/bobby/


『ボビスタ的社会科見学』は、前回からの続きで、日本アンテナ(東京都荒川区)を見学。


劇団東俳から出演も、前週と同じ4人で、

柴入拓矢(しばいりたくや) 7歳
池谷呼杜音(いけやことね) 小6
日辻南海(ひつじみなみ)  中1
柴田龍一郎(しばたりゅういちろう) 中1


キッズとボビーで、地デジカクイズ。正解出来ないと罰ゲーム。

地デジカは何歳でしょう?・・・正解は、7歳。
地デジカの角の役割りは?・・・正解は、電波を受ける。

拓矢くんと呼杜音ちゃんが罰ゲームで、サルのモノマネをすることに。



地デジカが7歳って、どういうことかと思い、地デジカのプロフィールを探してみたら、誕生日は、2003年12月1日だって。
(これ。→http://www.nab.or.jp/chidejika/profile/index.html)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朗読劇&ダンス「セトとハトホル 手紙の宛名」

2011/02/14 02:54

バウンドプロモーション(http://boundpro.com/)が、下記の公演にダンサーとして出演する、踊りの好きな小学1年生〜高校3年生の男女を募集している。


こどもの日スペシャル 朗読劇&ダンス
「セトとハトホル 手紙の宛名」
http://boundpro.com/110313sp2.html

5月7日(土) 13時/16時/19時開演 3回公演

会場:中目黒GTプラザホール

全席自由 2800円、ペアチケット2500円(2枚以上)

脚本・演出: 森川次朗

出演: 羽染達也 青木ちか 森川次朗  細見大輔

ゲストダンサー: 佐藤洋介

ダンスアンサンブル: オーディション合格者の皆さん



朗読の内容を踊りで表現する舞台。

募集は、主役セト、ハトホルや様々な宇宙人の役で、小学1年生〜高校3年生。10名。男女問わず。

応募の締切は、3月3日(木)消印有効。
書類選考後、オーディションは、3月13日(日)。


募集の詳細、応募方法は、↓
http://boundpro.com/110313sp.html

公演概要は、↓
http://boundpro.com/110313sp2.html
http://news.jiromorikawa.com/?eid=1554401
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


知っとく!なっ得! 番組サイト

2011/02/14 02:25

1月からはじまった、テレビ朝日のミニ番組

「知っとく!なっ得!」


番組サイト(http://www.tv-asahi.co.jp/shittoku/)を見たら、いつの間にか、知っとく少女隊3人の出演者名が出ていた。

放送がスタートした頃、早坂萌役の松浦愛弓ちゃん、広井のぞみ役の河村満里愛ちゃんはいいとして、もうひとりの山村アヤカ役の子がだれなのか分からなくて、イライラした。

検索すると、その山村アヤカ役の子やご母堂が書いているらしいプログがいくつか見つかるのだけれど、ニックネームだけで名前を出していないのだよね。

鷲見紀香(すみのりか)ちゃんというのね。NEWSエンターテインメント・スクールのサイトにも、1月下旬には出演情報として載っていたみたいだ。でも、「すみ」って、なかなか読めないね。



「知っとく!なっ得!」は、朝日新聞提供のテレビ朝日のミニ番組。これって、読売新聞提供で日本テレビが放送しているミニ番組「ワーズハウスへようこそ」に対抗している気がする。

とはいえ、知っとく少女隊3人が相手でも、斉藤光香ちゃんはまだまだ敗けないかわいさをキープしている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月12日のブリギッタ(「サウンド・オブ・ミュージック」四季劇場[秋])

2011/02/13 01:45

2月12日(土)のブリギッタは、

昼が、矢野遥菜ちゃん
夜が、村瀬由夏ちゃん

だった。

ということで、予定キャストに照らせば、今日(2/13)出演のブリギッタは確実に読めますね。


今週も、無事に、村瀬由夏ちゃんの舞台を見ることが出来て、よかった。(さて、来週も行けるだろうか…)


矢野遥菜ちゃんは、ノートに書くのに左手でエンピツを持っていたから、左利きなのだね。
矢野遥菜ちゃんのブリギッタって、おもしろい!よ。見た目(表情)や雰囲気が他のブリギッタ(といっても四季版のブリギッタは、彼女を含めて5人しか見ていないが)よりも幼いし、印象がずい分ちがう。ナチュラルな子どもらしさが魅力たっぷりで、規格に納まらないパワーも秘めていそうな子だね。


ちょっと疲れたから、ここまで。


[以下は、追記(ただし、主なキャストのみ)]


「サウンド・オブ・ミュージック」 2月12日(土)の主な出演者は、

[午後1時開演]

マリア: 井上智恵
トラップ大佐: 芝清道
修道院長: 秋山知子
エルザ: 西田有希(劇団俳優座)
マックス: 勅使瓦武志
シュミット: はにべあゆみ
フランツ: 青山裕次
シスター・ベルテ: 佐和由梨
シスター・マルガレッタ: 矢野侑子
シスター・ソフィア: あべゆき
ロルフ: 石毛翔弥

リーズル: 松元恵美
フリードリッヒ: 児玉武
ルイーザ: 今井利奈
クルト: ラヴェルヌ拓海
ブリギッタ: 矢野遥菜
マルタ: 池戸優音
グレーテル: 平井花南


[午後5時30分開演]

マリア: 井上智恵
トラップ大佐: 芝清道
修道院長: 秋山知子
エルザ: 西田有希(劇団俳優座)
マックス: 勅使瓦武志
シュミット: はにべあゆみ
フランツ: 青山裕次
シスター・ベルテ: 佐和由梨
シスター・マルガレッタ: 矢野侑子
シスター・ソフィア: あべゆき
ロルフ: 石毛翔弥

リーズル: 松元恵美
フリードリッヒ: 太田力斗
ルイーザ: 近藤里沙
クルト: 廣瀬孝輔
ブリギッタ: 村瀬由夏
マルタ: 望月ひまり
グレーテル: 片山佳音

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「熱中時代」PR動画

2011/02/12 03:03

ドラマスペシャル「熱中時代」(日本テレビ)
http://www.ntv.co.jp/fever/


PR動画↓
http://www.dai2ntv.jp/player/index.html?item_id=NtvI10007852


ドッジボールをしたり、動物園へ行ったりしているね。

先生の秘密って、何だろう。どんな約束を破ったのかな。大森絢音ちゃんは、かなりいい役っぽいね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


遠藤由実ちゃん

2011/02/12 02:55

「ハガネの女 season2」(テレビ朝日)


遠藤由実ちゃんがレギュラー出演するって。
http://profile.evergreen-e.com/endou_yumi/
記事へかわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2月16日放送の「歴史秘話ヒストリア」

2011/02/12 00:15

2月16日(水)午後10時〜放送の、

「歴史秘話ヒストリア」(NHK総合)

は、第66回 感動!「万葉集」ヒットパレード〜なぜ日本人は歌が好き?〜


これに、大出菜々子ちゃんが出演。

サンミュージック大阪のサイトによると、額田少女役。

番組サイト↓にある予告動画を見たら、
http://www.nhk.or.jp/historia/

大出菜々子ちゃんのかわいい顔がアップで!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


真嶋優ちゃんのCM

2011/02/11 22:20

先日、テレ玉で「ボビー'S スタジアム」を見ていたら、大進興業のCMが流れて、

あ、真嶋優ちゃんだ。


ずい分、幼い感じで、これ、いつ頃のものだろうと思い、プロフィールを見てみたら、2005年となっているから、
http://www.toho-ent.co.jp/actress/show_profile.php?id=5261
小学2年生のときになるのかな。


大進興業
http://www.daishin-gr.com/
(アクセスするとCM動画の再生がはじまります)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3年B組金八先生ファイナル(仮)

2011/02/11 05:05

3月下旬放送予定

「3年B組金八先生ファイナル(仮)」(TBS)
http://www.tbs.co.jp/kinpachi/


定年を迎える坂本金八が、最後に受け持つ3年B組の生徒役は、『応募数約700名の中からオーディションで選ばれた25名』

<生徒役者名>・・・・・(50音順表記)
秋山遊楽 伊倉愛美 石河朋樹 五十畑哉耶 伊藤大翔 岡本圭人 小野木里奈 金子尚太郎 小橋優子 斎藤亜美 佐藤初 佐藤隆平 趣里 鈴木悠人 鈴木米香 辻美優 永城優 中原知南 平井杏奈 増山加弥乃 三宅史 宮坂健太 恵隆一郎 目黒皓嗣 優希


金子尚太郎くんが出るじゃん。


過去のシリーズの卒業生たちがどのくらい顔を揃えるのかも、見どころですね。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110121-OHT1T00017.htm


(金子尚太郎くんといえば、1月8日に放送された土曜時代劇「隠密八百八町」(NHK総合) 第1回『その男、又十郎』に、小僧というか小坊主役で出演していた)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


演劇界 2011年3月号

2011/02/11 04:15

「演劇界」2011年3月号(定価1400円)
http://www.engeki.co.jp/

を買ったので、

同誌掲載の資料(上演記録)から、1月の歌舞伎のうち、未エントリーだった公演(観劇せず、筋書も入手しなかったもの)の子役出演者を引いておこう。


国立劇場 初春歌舞伎公演(1月3日〜27日)
通し狂言「四天王御江戸鏑」

良門の侍女、禿: 大川桜子・鹿目こころ・日下琴美・櫻井莉奈・住田なつみ・細川愛華・松井美瑳乃・御林杏夏 (4名交互出演)


大阪松竹座 壽 初春大歌舞伎(1月2日〜26日)

[夜の部]

玩辞楼十二曲の内「廓文章 吉田屋」
禿たより: 上村吉太朗

「江戸宵闇妖鉤爪 明智小五郎と人間豹」
(明智の女房)お文の甥林太郎: 上村吉太朗
菊師徳蔵の孫お鈴: 坪内観寿・和田望羽 (交互出演)

記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


こども編集長 in 宜野座

2011/02/11 03:20

昨日(2月10日付)のデイリースポーツは、

1面と2面が、

『デイリーこども編集長 加藤清史郎 in 宜野座』


おもしろそうなので、買っておいた。

日曜日の6日に、デイリースポーツ特命の「こども編集長」として阪神の宜野座キャンプに潜入取材したもの。

9日はキャンプがお休みとあって、10日付の1面を、堂々、こども編集長が飾っている。

ネットで読める↓のは少しだけで、
http://www.daily.co.jp/tigers/2011/02/10/0003795351.shtml
紙面のほうが、記事はたっぷりある。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さや侍

2011/02/11 01:50

熊田聖亜オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/seacoco/
を久しぶりに見たら、映画の出演情報が出ていた。

いままでにない大きな役とのこと。



映画「さや侍」
(松本人志 脚本・監督)

http://www.sayazamurai.com/

[出演]

野見隆明
熊田聖亜


2011年6月ロードショー。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エクレール〜お菓子放浪記

2011/02/10 23:15

映画「エクレール〜お菓子放浪記」

 西村滋 原作(理論社、講談社文庫)、近藤明男 監督

http://www.eclair-okashi.com/


[主な出演]

吉井一肇
早織
高橋惠子
遠藤憲一
尾藤イサオ
林隆三
鈴木理子
いしだあゆみ


2011年初夏、全国上映開始。


吉井一肇クンのちょっといい話(「エクレール お菓子放浪記」プロダクションノート)
http://eclairokashi.blog109.fc2.com/blog-entry-13.html

-------

関連の過去ログ(「八十五歳の女の子」公演情報)
http://newrisa.at.webry.info/201101/article_28.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3Dスペシャルバージョンで劇場上映

2011/02/10 01:15

Sound Horizon 7th Story Concert「Märchen」 〜キミが今笑っている、眩いその時代に・・・〜


DVDリリースの前に、3Dスペシャルバージョンで劇場上映すると発表されている。

詳細は、今後。
http://www.soundhorizon.com/information/index.html


Sound Horizon
http://www.soundhorizon.com/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「絵本合法衢」大感謝!プレゼントキャンペーン!!

2011/02/09 23:29

国立劇場3月歌舞伎公演
通し狂言「絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)」

 3月5日(土)〜3月27日(日)、国立劇場大劇場


国立劇場が、上記公演(絵本合法衢)の前売チケット購入者を対象にした、プレゼントキャンペーンを行なっている。

3月歌舞伎 大感謝!プレゼントキャンペーン!!
[プレゼント]
片岡仁左衛門賞 片岡仁左衛門直筆サイン入り写真(額装つき) 20名様
鶴屋南北賞 3月歌舞伎公演プログラム 20名様
国立劇場賞
 A賞 国立劇場オリジナル一筆箋セット(非売品) 20名様
 B賞 国立劇場オリジナルキャラクターグッズ(非売品) 20名様

応募はメールで。

応募期間 平成23年2月4日(金)〜2月25日(金)まで
発表方法 3月1日、メールにて当選者へ通知する ※プレゼントの引き渡しは観劇当日


応募の詳細は、↓
http://www.ntj.jac.go.jp/topics/news110126.html



ところで、この「絵本合法衢」という芝居、国立劇場のサイトで、昭和55(1980)年4月の上演記録を見ることが出来る。

それを見ると、『佐五右衛門倅里松 』という役があるが、子役が出るかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


劇団民藝が「アンネの日記」のアンネとペーターを公募

2011/02/09 01:20

劇団民藝が1956年以来、上演を重ねている舞台「アンネの日記」

今年7月に、新百合ヶ丘の川崎市アートセンター・アルテリオ小劇場で上演するにあたり、主人公のアンネと、ペーター役を一般公募している。


「アンネの日記」
 原作:アンネ・フランク
 脚色:フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット
 訳・演出:丹野郁弓


応募資格は、18歳以上(高校卒業見込みも可)。

願書提出の締切は、2011年3月10日(消印有効)。

願書を請求し、所定の方法にて応募のこと。
募集に関する詳細は、↓
http://www.gekidanmingei.co.jp/audition.html


劇団民藝
http://www.gekidanmingei.co.jp/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボビー'S スタジアム 2/5

2011/02/09 00:10

2月5日(土)放送の、

「ボビー'S スタジアム」(テレ玉)
http://www.teletama.jp/bobby/


『ボビスタ的社会科見学』は、日本アンテナ(東京都荒川区)へ。


劇団東俳から出演の4人は、

柴入拓矢(しばいりたくや) 7歳 1日にテレビを見る時間は、1時間。「ドラゴンボール」が好き。
池谷呼杜音(いけやことね) 小6 1日にテレビを見る時間は、4時間。仲里依紗さんが好き。
日辻南海(ひつじみなみ)  中1 1日にテレビを見る時間は、5時間。嵐のファン。相葉さんが好き。
柴田龍一郎(しばたりゅういちろう) 中1 1日にテレビを見る時間は、2時間。「とんねるずのみなさんのおかげでした」が好き。


ゲストに、地デジカが登場。

で、地デジカに質問。

拓矢くん「男ですか、女ですか」・・・角があるから男?
呼杜音ちゃん「得意なモノマネは何ですか」・・・地デジカはモノマネはできません


地デジ化需要で、日本アンテナは大変忙しい。もうかっているっぽい。

といったところで、次週へつづく。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ニチイのCM 「娘の想い」篇

2011/02/08 00:35

ニチイ(http://www.nichiiweb.jp/)のCM

「娘の想い」篇
http://www.nichiiweb.jp/cm.html


少し前に、テレビでよく見かけた上記のCM。

中学生の娘役の女の子はだれだろう、と思っていたが・・・清水彩花ちゃん。


清水彩花(ジョビィキッズ) 1997年4月29日生まれ
http://www.jobbykids.jp/profile/profile.cgi?x=view&id=1333
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


水戸黄門 さらわれた黄門さま(琴平)

2011/02/07 23:45

2月14日(月)放送の、

「水戸黄門」第42部
http://www.tbs.co.jp/mito/

第17話「さらわれた黄門さま(琴平)」
http://www.tbs.co.jp/mito/mito42/story/17.html

に、浦上晟周くんが出演。


第17話、写真
http://www.tbs.co.jp/mito/mito42/photo/17.html

浦上晟周(太助)くん。
http://www.tbs.co.jp/mito/mito42/photo/img/17/2.jpg
http://www.tbs.co.jp/mito/mito42/photo/img/17/12.jpg


Nスタの、とことん天気に出ていたせいしゅうくんだよ。楽しみ!



せいしゅうくんとみれなちゃん
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/searchdiary?word=%A4%BB%A4%A4%A4%B7%A4%E5%A4%A6&type=detail
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こども編集長

2011/02/07 23:24

「ミヤネ屋」を見ていたら、加藤清史郎くんが、阪神タイガースのキャンプを取材している様子がちょこっと映っていた。

デイリースポーツの、こども編集長だって。いつ載るのだろう?
[追記] 2月10日付のデイリースポーツに載るとのこと。

(こども店長は、こども編集長も兼任したのか…)


検索したら、紹介しているブログ↓があった。
http://ameblo.jp/exoxo-mxoxo-ixoxo/entry-10792664484.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バスクリンのCM お母さんの思い篇

2011/02/07 22:53

松島海斗くん出演の、

バスクリンのCM「お母さんの思い」篇

http://www.bathclin.co.jp/



ツムラのなかにあった入浴剤部門が独立して、バスクリンという会社になったのかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サウンド・オブ・ミュージック 2月6日(日)

2011/02/07 03:00

2月6日(日)は、四季劇場[秋]で、「サウンド・オブ・ミュージック」を観劇。午後1時開演。


前日の5日昼と2日続けての観劇になった。(1月は、3回とも最前列で見ることが出来たが、2月になって、5日、6日と2階席)


とにかく、村瀬由夏ちゃんのブリギッタを見ることが出来たので、それが何よりのこと。いまはもう、これ以上の楽しみはないのだから。

「サウンド・オブ・ミュージック」は、トラップ家の子どもたちまで出演予定者の名前が出るから、いい。そうでなければ、見に行くことすら出来ないもの。


「サウンド・オブ・ミュージック」東京公演 2月6日午後1時開演の主なキャストは、以下のよう。(アンサンブルは省略)


マリア: 井上智恵
トラップ大佐: 芝清道
修道院長: 秋山知子
エルザ: 西田有希(劇団俳優座)
マックス: 勅使瓦武志
シュミット: はにべあゆみ
フランツ: 川地啓友
シスター・ベルテ: 佐和由梨
シスター・マルガレッタ: 矢野侑子
シスター・ソフィア: あべゆき
ロルフ: 石毛翔弥

リーズル: 松元恵美
フリードリッヒ: 太田力斗
ルイーザ: 飯塚萌木
クルト: ラヴェルヌ拓海
ブリギッタ: 村瀬由夏
マルタ: 内田花音
グレーテル: 平井花南



2日続けて見ると、同じ役でも演じる子によって、雰囲気がずい分ちがったり、同じセリフでもいい方やトーンが微妙に異なるのがよく分かって、それが面白かった。私は、気に入ったキャストを何度も見たいタイプの観客だが、今回は、前日に別キャストで見たことで、村瀬由夏ちゃんのブリギッタもまた新鮮に感じられた。


この6日は、座席が2階の下手側で、でも、下手ブロックのなかでは、中へ寄ったほうの席位置だったのに、パーティーのときに、ブリギッタがフリードリッヒと踊るところが半分ぐらい見えなかった。下手側だと、この位置でも見えないのか、という発見。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


シアター!/シアター!2

2011/02/06 00:50

有川浩「シアター!」(メディアワークス文庫、610円+税)

は、昨年、たまたまアクセスした演劇ファンのひとのブログに面白いと書いてあったのを見て、読んでみたいなと思ったものの、刊行から数か月が経っていたせいか、書店で探しても見つからず(普段の読書ではライトノベルとは縁が薄いので見つけられなかったのかも)、なんとなくそのままにしてしまったのだが、

1月の下旬に、

有川浩「シアター!2」(メディアワークス文庫、610円+税)
http://mwbunko.com/product/2011/01_01_isbn.html

が刊行されたのにともない、某書店に「シアター!」もいっしょに並んでいたので、合わせて買った。

で、いま読んでいるが、なかなかおもしろいね。


原作者の脚本で、舞台化もされたのだって。
http://anothertheater.com/

といっても、取材対象になった劇団、Theatre劇団子(http://gekidango.jp/)って、この小説を買うまで全く知らなかったから、公演情報を知るはずもなかったのでした…。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サウンド・オブ・ミュージック 2月5日(土)昼

2011/02/05 23:50

2月5日(土)に、四季劇場[秋]で、「サウンド・オブ・ミュージック」を観劇。昼の部で、午後1時開演。


「サウンド・オブ・ミュージック」東京公演 2月5日午後1時開演の主なキャストは、以下のよう。(アンサンブルは省略)


マリア: 井上智恵
トラップ大佐: 芝清道
修道院長: 秋山知子
エルザ: 西田有希(劇団俳優座)
マックス: 勅使瓦武志
シュミット: はにべあゆみ
フランツ: 川地啓友
シスター・ベルテ: 佐和由梨
シスター・マルガレッタ: 矢野侑子
シスター・ソフィア: あべゆき
ロルフ: 石毛翔弥

リーズル: 松元恵美
フリードリッヒ: 海宝潤
ルイーザ: 今井利奈
クルト: 岩本雄伍
ブリギッタ: 石井日菜
マルタ: 池戸優音
グレーテル: 片山佳音


松元恵美さんて、リーズルで出るのは、はじめてかな。
プログラムには、名前が載っていない。(プログラムを買えば、追補が挿し込まれていたのだろうか。今週、前日までは「リーズル:池松日佳瑠」だった)


「ひとりぼっちの羊飼い」のシーンのとき、フリードリッヒが持って出て来るぬいぐるみ。あのぬいぐるみがどんなふうに受け渡されて、うたのラストにまたフリードリッヒの手に戻っているのか。前から気になっていたので、今日は、それを見ていた。
あのシーンでぬいぐるみの行方に注目し続けるのは、なかなかむずかしいものがあるから(笑)。

過去に上演された他カンパニーの「サウンド・オブ・ミュージック」では、マリアはマリア・ライナーだったけれど、この四季版では、「マリア・レイナー」と名乗るので、なんとなく違和感があったりする。


四季劇場に着いて、休日マチネの開演間近にしては人口密度が低いと思ったら、いま、四季劇場[春](「ライオンキング」東京公演)が、保守点検期間でお休み中なのだね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


犬飼さんちの犬

2011/02/05 22:05

テレ玉他のUHF局などで放送中のドラマ

「犬飼さんちの犬」
http://inukaisan.info/


これに、小野花梨ちゃんが、主人公の娘役(犬飼幸)で出ているのね。知らなかった…第4話まで見逃しちゃったが、これから見ても追いつけるだろうか?(映画もやるみたいだし)

小野花梨ちゃん、セーラー服じゃん。
http://inukaisan.info/tv/story/story2.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ピラメキーノG 売れっ子子役・勝隆一

2011/02/05 00:45

2月4日(金)放送の、

「ピラメキーノG はんにゃ・フルーツポンチ」(テレビ東京)


子役はどんな生活をしているのか?子役の日常を超調査 の第二弾

『ピラフェッショナル 子役の流儀』
売れっ子子役・勝隆一(10歳)


勝隆一くんのお家は、東京都墨田区の3階建て。(先週の春名風花ちゃんのお家は横浜だったね)

中学受験をしたいので、受験勉強をしている。出来れば東大に行きたい。高学歴芸能人になるのが目標。趣味のピアノも仕事の役に立てばと思ってやっている。


受験勉強、学校、早退して仕事、友だちと遊ぶ、演技の自主練習、家事の分担(風呂掃除)、ピアノを弾く…と、忙しい1日のなかに、当たり前の子どもの日常が詰まっていて、先週の春名風花篇とは対照的な内容だった。

ところで、「おっとっと」のCMって、そんなに評判になっていたんだ?!



勝隆一篇と春名風花篇とで共通していたのは、(ギャラの)ピークはいまよりも小さかったときだと、どちらのお母さんもがいっていたこと。ふ〜ん、そうなんだ…
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1


熱中時代 番組サイト

2011/02/04 22:40

春に放送されるドラマスペシャル

「熱中時代」(日本テレビ)


主役の他の大人キャストが発表になって、

番組公式サイト
http://www.ntv.co.jp/fever/

のコンテンツも大枠が出来ている。

出演の子どもたちの「3年2組座席表」も、近々公開されるみたい。


大森絢音ちゃんが出るというだけで、充分、楽しみだね。


主題歌は、原田潤「ぼくの先生はフィーバー」ですって。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


弥三松

2011/02/04 04:10

片岡仁左衛門 昼夜の仇討 二月大歌舞伎

2月1日(火)〜25日(金)、大阪松竹座

昼の部 通し狂言「彦山権現誓助剱」の子役、弥三松は、


ルートの出演情報によれば、
http://www.root-root.com/


國分健太・星山大河 (交互出演)


ということのようです。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


小林愛実 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「熱情」

2011/02/04 04:00

小林愛実 2nd CD ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「熱情」

2011年3月9日発売、2800円(税込) EMIミュージック・ジャパン

小林愛実
http://emimusic.jp/artist/aimi/



東京だと、↓が、セカンドアルバム発売後すぐの演奏会ということになるかな。

第28回横浜YWCAチャリティーコンサート

3月13日(日)19時開演、横浜みなとみらいホール 小ホール

全席指定 3500円
(2/13〜一般発売)

[出演] 小林愛実

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調「悲愴」、他

-------

5月8日には、東京オペラシティコンサートホールで。
 →http://newrisa.at.webry.info/201102/article_10.html


映画「ネムリユスリカ(英題 Sleep)」は、
 →http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110204/p1
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


NY凱旋記念&セカンドアルバムリリース記念 小林愛実ピアノリサイタル

2011/02/04 03:45

小林愛実ピアノリサイタル(EMI Classics 2nd CDリリース記念 NY凱旋記念)


5月8日(日)14時開演

東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル


全席指定 3500円 (2/20〜一般発売)


出演: 小林愛実


[曲目]

シューマン:子供の情景 Op.15
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調「悲愴」 Op.13
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調「熱情」 Op.57
ラヴェル:ソナチネ


-------

5月は、3日がティアラこうとう・ジュニアバレエ団、7日がバレエ シャンブルウエストの公演だから・・・8日は、大丈夫そう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月からの「ハガネの女2」って、

2011/02/04 01:50

4月から放送の

ハガネの女 season2


最初の回は、前シリーズの続編だけれど、そのあとは、新しいクラスを受け持つということになるのだね。(前と同じ子役が出るのは初回だけかな…)
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


週刊文春 2月10日号

2011/02/04 00:40

綿矢りさの新連載

「かわいそうだね?」

を読むために、

「週刊文春」2月10日号(350円)を買った。
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/

この連載、どのくらい続くのだろう。いつまで「週刊文春」を買い続ければいいのか?

(同じ日に発売の週刊誌なら、表紙の絵に猫がいる「週刊新潮」のほうを買いたくなっちゃうのだけれど)

ここだけの話、綿矢りさちゃんの小説は、「インストール」と「夢を与える」だけがおもしろい、というのが正直な感想。


「週刊文春」2月10日号では、先崎学が連載エッセイで、

塩田武士「盤上のアルファ」(講談社、1575円)
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/banjou/

を、棋士が読んでもおもしろい将棋小説、だなんて書いている。

その「盤上のアルファ」は、過日、新聞広告の宣伝文句に釣られて買って読んだのだけれど、ちっとも面白くない。主人公が魅力的だとは思えない。たとえば、実在のプロ棋士のエピソードのほうがよっぽど面白いじゃん。小説だったら、もっとスケールが大きくなきゃ。
私は、読みながら、最近芥川賞を受賞した西村賢太という作家の風貌をイメージしちゃったな。


「新・家の履歴書」は、俳優の小日向文世。小日向文世は、むかし、吉田日出子と同棲してたのだって(知らなかったが、これって、有名な話?)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボビー'S スタジアム 1/29

2011/02/03 23:35

1月29日(土)放送の、

「ボビー'S スタジアム」(テレ玉)
http://www.teletama.jp/bobby/


『ボビスタ的社会科見学』は、
前々週(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110116/p5)
前週(→http://newrisa.at.webry.info/201101/article_16.html)
からのつづきで、

おもしろ消しゴムを作っている、埼玉県八潮市のイワコーという会社を見学、の3回目。

劇団東俳から出演も、引き続き、同じ4人で、

大澤実環 みほ 9歳 小3
橋本拓人 たくと 10歳 小4
石井佑宜 ゆうき 13歳 中1
木村彩花 あやか 15歳 中3


組み立て式の消しゴム(4つ)をだれがいちばん早く組み立てられるか、4人&ボビーで競争。審査は、イワコーの岩沢社長。ちゃんと組み立てないと、リコール(笑)。

リコール続出で、消しゴム組み立て競争は、結局、実環ちゃんが1位だったらしい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


海辺のカフカ

2011/02/03 22:15

2月3日(木)付の読売新聞文化面の記事によれば、

村上春樹の小説「海辺のカフカ」が、蜷川幸雄の演出で舞台化される。

上演は、2012年5月、彩の国さいたま芸術劇場で。

脚本は、3年前に海外で舞台化された際の、フランク・ギャラティの脚本を翻訳する。

また、主役の少年役は、公募のオーディションを検討中、とのことである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さよならぼくたちのようちえん

2011/02/03 22:00

3月末放送予定のドラマ

「さよならぼくたちのようちえん」(日本テレビ)

[出演]

芦田愛菜

橋本智哉
佐藤瑠生亮
本田望結
黒田博之
庵原涼香


番組サイトを見たら、芦田愛菜ちゃんコメント動画というのがあるのね。
http://www.ntv.co.jp/youchien/

橋本智哉くんと佐藤瑠生亮くん。…愛菜ちゃんの相手役も興味深いキャスティング。
記事へかわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1


ハガネの女 season2

2011/02/02 03:31

「ハガネの女」(テレビ朝日)のパート2を、4月から、木曜よる9時に放送。


ハガネの女 season2
http://www.tv-asahi.co.jp/hagane/


出演は、

大橋のぞみ、吉田里琴、佐々木麻緒、高瀬岬、宮武祭、戸谷駆、石井蒼月、…

全員かどうかは分からないが、同じ子役たちが引き続き出演する模様。

[補記] 第2話以降では、新しいクラスを受け持つことになるようだ。

転校生役の黒崎 レイナ、という子は、けんおんなのだね。



高瀬岬ちゃんのプロフィールが出てる。
http://www.central-g.co.jp/talent/2008/01/post_23.html
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


女殺油地獄 (ル テアトル銀座)

2011/02/02 02:00

2月1日(火)は、ル テアトル銀座 by PARCOで

二月花形歌舞伎 第二部「女殺油地獄」を見た。

この日、初日。

午後4時30分開演。終演は、7時4分頃。


二月花形歌舞伎に出演の子役は、すでに書いたとおり。
 →http://newrisa.at.webry.info/201102/article_2.html


主な配役は、

河内屋与兵衛  市川染五郎
豊嶋屋女房 お吉  市川亀治郎
豊嶋屋七左衛門  市川門之助
芸者小菊  市川高麗蔵
小姓頭小栗八弥  坂東亀三郎
兄 太兵衛  中村亀鶴
妹 おかち  澤村宗之助
叔父 森右衛門  松本錦吾
父 河内屋徳兵衛  坂東彦三郎
母 おさわ  片岡秀太郎


歌舞伎の「女殺油地獄」といえば、通常は、徳庵堤茶屋の場ではじまって、河内屋内があり、豊嶋屋油店の殺し場までで、私が過去に見たことのある「女殺油地獄」もしかりであったが、今回の二月花形歌舞伎では、『野崎参り屋形船の場より、豊嶋屋逮夜の場まで』の上演になっていて、とっても面白い。

まず「屋形船の場」が出て、徳庵堤、河内屋、豊嶋屋。続いて、お吉殺し後の河内屋与兵衛の姿をえがく「北の新地の場」があり、「豊嶋屋逮夜の場」で与兵衛が下手人と発覚し、捕縛されて終わる。

与兵衛がお縄になるまでを上演することで、事件が決着するとともに、お吉を殺した後も色街での遊びに逃避し、さらには、知らぬ顔でお吉の供養に現れる与兵衛の有様をえがいて、若者の犯罪ドラマとしても、深みが感じられる構成になっている。

徳庵堤、河内屋、豊嶋屋の上演では、油にまみれての殺し場がとにかくクライマックス、見どころになる訳だが、今回は、与兵衛がお吉を殺めた後のストーリーも付くために、とくに豊嶋屋逮夜の場からは、家族を殺された者の悲しみと、身内から犯罪者を出してしまった者の悲哀が浮かび上がり、平成の今日の事件にも重なる現実感を呼び起こされる。


回り舞台を使っての転換が、効果的。北の新地の場では、与兵衛の客席通路からの出がある。

禿たより(松本錦成)は、北の新地の場に登場して、森右衛門とのやりとり。

この日、お吉の娘・お光は、宇都宮知那ちゃん。


余談だが、(彦三郎丈に)セリフを付けるプロンプターの声が客席に響いて、なんか、ちょっとすごかった。最初、客席で、だれかしゃべっているのかと思って、びっくりした…。

「女殺油地獄」の配役を見ると、(元四季の)中條郁司郎というひとが出ているが、筋書に写真は載っていない。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


二月花形歌舞伎(ル テアトル銀座)の子役

2011/02/01 23:38

ル テアトル銀座 by PARCO二月花形歌舞伎(2月1日〜25日)に出演の子役は、


[第一部]

猿之助四十八撰の内「於染久松色読販 お染の七役」〜市川亀治郎七役早替り相勤め申し候〜

丁稚 長太: 秋山悠介・廣田伊功磨 (交互出演)


[第二部]

「女殺油地獄」〜野崎参り屋形船の場より、豊嶋屋逮夜の場まで〜(齋藤雅文 補綴)

お光: 伊集院茉衣・宇都宮知那 (交互出演)

禿たより: 松本錦成



公演プログラム(筋書)は、1500円。

初日の上演時間(ロビー掲示のもの)は、

第一部が、午後12時30分開演で、3時17分終演。(途中、5分と、15分の休憩あり)

第二部が、午後4時30分開演で、7時03分終演。(途中、15分の休憩あり)



なお、筋書の広告によれば、

明治座の五月花形歌舞伎の演目は、

昼の部が、「川連法眼館」、「蝶の道行」、「封印切」
夜の部が、通し狂言「怪談 牡丹燈籠」、「高坏」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レディス4 上昇気流!話題人〜市川男女蔵〜

2011/02/01 22:50

1月31日(月)放送の

「レディス4」は、

上昇気流!話題人 歌舞伎界のホープ 六代目市川男女蔵(43歳)


市川左團次も登場(スタジオではなく、ロケで)。テレビに親子でいっしょに出るのは、はじめてといっていた。

番組では浅草ロケをしていたが、浅草公会堂には新春浅草歌舞伎の看板がかかっていたから、公演中に撮影したのかな。今年は、新春浅草歌舞伎には出なかったが、昨年まで、10年連続で出演していた。

(市川宗家の「鎌○ぬ(かまわぬ)」が有名だが)男女蔵丈の文様は「鎌ゐ枡(かまいます)」なのだと。

夢は、「平和な歌舞伎」。主役だけでなく脇役も重要。チームワークよく伝統芸能の歌舞伎を守って行きたい。



平日の午後4時といえばこれに限る、といってもいい「レディス4」。本を読みながらチラチラ見ていても、読書のじゃまにならない、とっても貴重な番組なので、家にいるときは、けっこうよく見るのだけれど、そういいつつ、先週は、加藤健一親子の出演を見逃しちまった…。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2011年2月のブログ記事  >> 

トップへ

わくわく観劇、子役ブログ 2011年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる