わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サウンド・オブ・ミュージック 1月12日(水)

<<   作成日時 : 2011/01/20 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


1月12日(水)に、四季劇場[秋]で、「サウンド・オブ・ミュージック」を観劇。

前日の11日に、週の予定キャストを見たら、「ブリギッタ:村瀬由夏」をはじめ、子役の6役全てでいちばん上になっている名前は、後から入った(8月のオーディションで入ったと思われる)子役たち。

子役6役に、開幕時からのキャストがひとりもいない配役での上演は、この日以前にはなかったことだから、おもしろいキャスティングで見られそうだと思った。平日の夜公演は、カーテンコールの途中で、子役はいなくなると聞いていたし、最近は帰りが遅くなるのはいろいろと不都合で、平日の夜公演は躊躇いがちなのだけれど、それらをものともせずに、見に行くことにした。
なにより、「ブリギッタ:村瀬由夏」だし。

前日予約では好みの席が出なかったので、当日券で。端っこだけれど、最前列があったので、そこを買って、この日は、昼に見た「売らいでか!」と昼・夜続けての最前列観劇。


「サウンド・オブ・ミュージック」東京公演 1月12日(水)午後6時30分開演のキャストは、以下のよう。アンサンブルは割愛。


マリア: 土居裕子
トラップ大佐: 村俊英
修道院長: 秋山知子
エルザ: 西田有希(劇団俳優座)
マックス: 勅使瓦武志
シュミット: 大橋伸予
フランツ: 青山裕次
シスター・ベルテ: 佐和由梨
シスター・マルガレッタ: 矢野侑子
シスター・ソフィア: あべゆき
ロルフ: 亀山翔大

リーズル: 池松日佳瑠
フリードリッヒ: 児玉武
ルイーザ: 近藤里沙
クルト: 岩本雄伍
ブリギッタ: 村瀬由夏
マルタ: 望月ひまり
グレーテル: 菅野花音


残席照会して、空席があまたあるのは分かっていたし、平日の夜ということもあろうけれど、それにしても、この日の「サウンド・オブ・ミュージック」の客席は、空いてたなぁ…(お客さん、なんとか200人は、いたのかな?)。とはいえ、空いていた割りには、拍手は大きかった。

結局、この日で、「土居マリア」は最後の出演になったらしいから、行ってよかったかな。

村瀬由夏ちゃんは、ホント、かわいいね。
セリフも完璧だ。四季の子役のセリフはこうあるべきって感じのセリフが、よいな。
鈴木優美ちゃんくらいにかわいい子役が劇団四季の舞台に出ることはもうないだろうと思っていたけれど、世の中、想定外のことは起こるものである。

村瀬由夏ちゃんは、かつて見た、東宝やスイセイ・ミュージカルのブリギッタと較べても、すばらしく優秀。
あと、2〜3回は、村瀬由夏ちゃんのブリギッタが見られるかな…

劇団東俳のフリードリッヒとルイーザを揃って見られたし、あと、岩本雄伍くんてクルトも、なかなかかわいかった。


それはそうと、修道院のシーンで、男性アンサンブルが修道女を演じているのは、あれは何?単なる女性アンサンブルの節約かな。まさか、男女混合の修道院とか、あるいは、ニューハーフの修道女がいるとか、そんな訳はあるまい?(過去3回の観劇では、2階席だったせいか、気がつかなかった…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サウンド・オブ・ミュージック 1月12日(水) わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる