わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「女王の教室」にスポンサーがクレーム

<<   作成日時 : 2005/08/15 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



「女王の教室」のスポンサーが、提供クレジットで社名を流さない措置をとっているという 記事



「女王の教室」(土曜午後9時)のスポンサーが、内容の過激さや、それに伴う視聴者からの批判などを受け、提供クレジットの紹介を“敬遠”するという事態が起きている。



 提供クレジットとは、テレビ番組の冒頭でおなじみの「この番組は〇〇の提供でお送りします」というナレーション。「女王の教室」からこのクレジットが消えたのは7月30日放送の第5話からだ。関係者によると、スポンサー各社に視聴者からドラマの内容について批判メールなどが届いたのを受け、各社で内々に協議。CMはそのまま放送するが、提供クレジットで社名を流すことは止めたという。



子役陣は豪華だけれど、内容はかなりあざといドラマで、どう終わらせるのかには興味があるけれど、もし再放送があっても2度とは見たくないな。夏休みに独断で授業をして、女の子がガラスに突っ込んで、腕を切ったり破片が脚に突き刺さったりと、ひとつまちがえばいのちにも関わったかも知れないけがを負ったのに、病院にも連れて行かないし、責任問題にも発展しないのだもの。

現実離れしているが、でも、問題教師はいまもむかしも全国各地に棲息しているはずで、そういう意味の怖さが募る。



(自分の好きな)あの子役がこんなドラマに出なくてよかった。…などと思っている子役ファンも少なくないのではあるまいか、と最近想像したりする。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「女王の教室」にスポンサーがクレーム わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる