わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰郷

<<   作成日時 : 2005/06/21 04:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



映画「帰郷」を見て来た。



「ニワトリはハダシだ」は見ていないので、スクリーン(映画)で守山玲愛ちゃんを見たのは、はじめて。



ものすごく自然でリアルだ。チハルという役を演じているという気配を感じさせない。つまり、そのもの。状況と、セリフはあるにしても、守山玲愛がまるごとチハルという女の子として、そこにいる、といった印象。



ろう石で何か描いている、バスから降りて走る、肩車されたときのリアクション…動きやしぐさのすべてが圧倒的で、そして不思議でもある。 たとえば、あのはしの持ち方は、演出か、演技か、守山玲愛のままなのか?



細かいことをいえば、「わたしがお嫁さんになってあげる」なんてセリフをチハルにいわせるのは、やめて欲しかった。もっと他のセリフは、思いつかなかったのかな…





(青年とおじさんの中間ぐらいの)不器用な男が帰郷したら、むかし好きだった女性(バツいち)と再会、そのひとり娘(チハル、小学1年生)と行動を共にするうちに仲よくなり、この子の父親になるぞと決心するのだが・・・

という話で、見どころは多いけれど、ストーリー的な面白さがある作品ではないから、リピートするとしたら、しんどそうだ。身につまされるところもあるし。



チハルと出会ってまもなく、晴男(西島秀俊)が、チハルをブランコに乗せてやろうと、ブランコを占領している男子3人組に声をかけるのだが相手にされない、という場面がある。晴男の子どもへの距離感や、ぎこちなさを見せるエピソードとして、上手い。





晴男の同級生ナオミ(相築あきこ)の子ども役3人は、

 ナオミの長女:南川ある

 ナオミの次女:本池友香

 ナオミの三女:菊池史華

となっているが、母親に話しかける、セリフのある役をやっていたのは、三女(菊池史華)ということで、いいだろうか?[訂正] 南川あるちゃんだそうです





パンフレットは 600円。

他に、ポスター、ポストカードを販売していた。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰郷 わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる