わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 脚本家、齋藤雅文氏の記事。

<<   作成日時 : 2005/12/01 10:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



11月30日付読売新聞夕刊に、「恋ぶみ屋一葉」や、(大地真央主演)「マリー・アントワネット」など多くの松竹系商業演劇の脚本で知られる、齋藤雅文氏の記事(記事中の表記は「斎藤」になっている)が載っていた。(→ 劇作家・斎藤雅文 意気盛ん)



松竹の大劇場公演は、なんだか、一年中、このひとが書いているような気がするくらいに、おなじみの名前だ。



それほどに売れていて、いい芝居がいくつもあるのに、商業演劇の脚本家はそれに見合った注目はされにくく、作家が単独で評価されることは少ない。じっさい、私も、劇作家・齋藤雅文の作品、という意識はほとんど持たずに、舞台を見ている。・・・それが商業演劇というものかも知れないが。



どんな経歴のひとかと思えば、劇団新派の文芸部出身とのこと。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脚本家、齋藤雅文氏の記事。 わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる