わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーパンツ・ガールズ

<<   作成日時 : 2005/11/26 05:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



テアトル池袋のレイトショーで「ノーパンツ・ガールズ」「ノーパンツ・ガールズ外伝」「大人になったら」他1本を見た。



函館港イルミナシオン映画祭、第7回シナリオ大賞短編部門グランプリ受賞作「ノーパンツ・ガールズ」を映画化したもの。



シナリオをそのまま映画にしたのが「ノーパンツ・ガールズ」(11分)。その主役の女の子3人が小学生のままで身体が大人になってしまったら…というアレンジを加えて映像化したのが「大人になったら」(23分)。「ノーパンツ・ガールズ」のなかで、女の子3人組のうちのひとり、このみが語るエピソードをふくらませてサイドストーリーを創ったのが「ノーパンツ・ガールズ外伝」(17分)。

ということだと思う。



「ノーパンツ・ガールズ」 武井真理、荒井萌、永井杏の3嬢(←映画のなかでの身長順)でいちばんいい役なのは、「外伝」の主役にもなる荒井萌ちゃんで、使われているパンツもかわいい(笑)。



「外伝」は、出て来る女の子たち(&むかしは女の子だったひとまで)が、次々に、パンツを脱いでは川へ投げ、脱いでは投げて、爆笑シーンの連続。橋の下であいびきしていた中浜奈美子ちゃんも、もちろん投げる。ノーパンツ3作では、これがいちばん面白い。バックに流れる、めちゃくちゃな(?)歌詞のうたもインパクトがある。



「大人になったら」は、小学生のなかに、大人の身体になっている3人がそのまま存在して、その違和感から滲むおかしさと、アンバランスさから生まれるいやらしさが、強烈。教室で、先生が突然、小さな女の子になってしまうのには、意表をつかれて大笑い。(ところで・・・登り棒って、そんなによいのか?)





パンフレットが、500円。

公式サイトにはクレジットされていないが、山本愛莉ちゃんが出ている。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーパンツ・ガールズ わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる