わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1800回目は、帝国劇場で。

<<   作成日時 : 2005/10/28 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



むかし、大女優といえば、水谷八重子(初代)、杉村春子、山田五十鈴で、三大女優と称されたものだが、いまは、といえば、森光子のひとり勝ち。



その森光子さんが、文化勲章を受けることになり、それに先立って来年9月の「放浪記」帝国劇場公演も正式発表となった。同作品の帝劇での上演は、はじめて。2006年の帝劇公演で、「放浪記」は、通算上演回数が1800回を超える。



近年の「放浪記」人気は、すさまじいものがあって、(2003年)芸術座での2か月公演の際にも、発売日にチケットが売り切れたぐらいだから、帝劇の1か月公演でも、チケット入手はまったく楽観視出来ない。



ちなみに、とりこわされた芸術座のあとにオープンする新劇場での「放浪記」上演は、2008年1月から3か月、とのこと。新聞記事によれば、この新劇場での上演中に、通算1900回が予定されている。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1800回目は、帝国劇場で。 わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる