わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「恋ぶみ屋一葉」を楽しむ

<<   作成日時 : 2005/10/18 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



10月18日(火)は、「恋ぶみ屋一葉」を観劇。

12時開演の昼の部。



おたみ役は、藤井あゆみちゃん。



(2日昼14日夜16日昼につづいて、今月4回目の新橋演舞場)



16日の終演後に前売りは買ったものの、じっさい行けるかどうか少々不安もあったので、三階の安い席にしておいたのだが、もちろん、おたみちゃんがセットの柱の影になったりしないように、座席は子役の立ち位置をきっちりおさえて、択んでおいたので、よい眺めであった。



14日夜公演のログに、

恋ぶみ屋の先生の店には、

「駄菓子類のほかに、けん玉、羽子板、たわし、蒲団たたき、かご、へちま、マッチ、はたき、などが並んでいる。」と書いたが、洗濯板や、福笑いもある。あと、白っぽくて細長い石みたいなのがあるのは、ろう石だろうか?

二幕で、きく(光本幸子)さんと仕入れて来た荷のなかには、紙風船のほか、竹とんぼや、めんこも入っているようだ。



劇中の羽生草助(滝川英治)ふうに書くとしたら、

藤井あゆみちゃんのすばらしさは、「いうにいえない」

岩井優季ちゃんのよさは、「言葉に尽くせない」

といったところ。





この舞台、浅丘ルリ子さんはきっぱりとして、高橋英樹さんは明朗、光本幸子さんのほのぼのとした味と、メインの3人の芸風が明るいのが、何より。第二幕で、幕切れに向けて、だんだんと日が暮れて行く照明に、深い趣がある。

見れば見るほど、よく出来た、いい芝居である。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「恋ぶみ屋一葉」を楽しむ わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる