わくわく観劇、子役ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤井あゆみちゃんのおたみ

<<   作成日時 : 2005/10/15 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1



10月14日(金)は、新橋演舞場で「恋ぶみ屋一葉」を観劇。

5時開演の夜の部。



2日昼以来、やっと2度目の観劇を果たした。



おたみ役は、藤井あゆみちゃん。

笑顔がかわいくて、適役。声は、やや細く感じたが、セリフは自然できれい。目の配り方に、大劇場の子役らしい味がある。



おたみ役は、一幕、三幕の登場は、回り舞台がまわっての板付き。二幕は、雨の中を小走りに店に帰って来るという段取り。

一幕のお習字で書いている字は「義経」(じっさいには、書いていなくて、筆でなぞっている)。

劇中のセリフから、おたみには、妹がいることが分かる。



恋ぶみ屋一葉先生(浅丘ルリ子)が、代筆のかたわらいとなんでいる店(荒物兼駄菓子屋)で、おたみちゃんは店番をしているのだが、その店には、駄菓子類のほかに、けん玉、羽子板、たわし、蒲団たたき、かご、へちま、マッチ、はたき、などが並んでいる。



さて、ここで、問題です。

『劇中の第二幕で、店番のおたみちゃんが、お客さんに売った商品は何だったでしょう?』・・・よ〜く考えて、こたえは、コメント欄を見てね!



余談だが、「放浪記」の行商人も荒物を商いしていたっけね。





それにしても、この舞台、面白い。

面白いというより、上質で、いい舞台といったほうがよいか。

2日にも増して、主役のご両人(浅丘、高橋英樹)のいきがぴったりに見えたのもよかった。



せっかくかわいい子役が出ても舞台がつまらないと台無しだし、舞台が面白くても子役がダメだとがっかりなもの。その点、この「恋ぶみ屋一葉」は、作品も、ダブルキャストの子役も揃って上出来の逸品である。





ところで、芸者桃太郎役の大河内奈々子さんの声が、テレビとちがって、少し割れて聴こえるのだけれど、調子が良くないのか、それとも、舞台だとああいう声なのかしらん。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おたみちゃんが売ったのは、<br />
<br />
マッチ でした。
はつせ、/こたえ
2005/10/15 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤井あゆみちゃんのおたみ わくわく観劇、子役ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる